Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レバノンが小麦、燃料、医薬品購入のために、40億から50億ドルの融資を求める:財務大臣

レバノンが小麦、燃料、医薬品購入のために、40億から50億ドルの融資を求める:財務大臣

23 Jan 2020
「我々は国際援助機関に対し、小麦、燃料油、薬の購入資金を賄うため、40億から50億ドルのソフトローンをレバノンに提供するよう要請する」と、ワズニ外務大臣が語った。(AFP通信/資料)
「我々は国際援助機関に対し、小麦、燃料油、薬の購入資金を賄うため、40億から50億ドルのソフトローンをレバノンに提供するよう要請する」と、ワズニ外務大臣が語った。(AFP通信/資料)
Short Url:
Updated 23 Jan 2020
23 Jan 2020

ベイルート:レバノンは、小麦、燃料、医薬品購入の資金を賄うため、40億から50億ドルのソフトローンを国際援助機関から確保することを検討していると、レバノンの新聞ザ・デイリー・スターが、ガジ・ワズニ財務大臣の木曜日の発言として引用した。

レバノンは木曜日、新しい内閣を組閣し、これにより信頼を回復し、深刻な経済危機の中、外国の援助機関から緊急に必要な資金を確保したい考えだ。

「我々は国際援助機関に対し、小麦、燃料油、薬の購入資金を賄うため、40億から50億ドルのソフトローンをレバノンに提供するよう要請する」と、ワズニは語った。

「この資金投入は、1年分の国のニーズを賄い、米ドルの取り付け騒ぎを抑えることにもつながる」と彼は付け加えた。

急激なドル不足により、銀行は預金引き出しや送金に規制を課すこととなり、レバノンポンドを直撃、インフレを加速させた。

ハッサン・ディアブ首相は木曜日、深刻な負債を抱えた同国が支援を求めることを検討している中、複数の外国大使との会談を設定した。首相は3月に満期となる12億ドルの債務を含め、満期となっているユーロ債をどう処理するのか、決断しなければならない。

レバノンは2018年の国際会議で、諸改革を条件に110億ドル以上の支援を取り付けることができたものの、これらの改革は現在のところ実施には至っていない。

ロイター通信

topics
Most Popular
Recommended

return to top