Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • コロナウイルスとの戦い、そして五輪に向けての戦い:日本のボクシング看護師との出会い

コロナウイルスとの戦い、そして五輪に向けての戦い:日本のボクシング看護師との出会い

09 Jul 2020
埼玉県の病院の体育館でトレーニングを行う日本人ボクサーで看護師の津端ありささん=2020年6月4日 。(AFP)
埼玉県の病院の体育館でトレーニングを行う日本人ボクサーで看護師の津端ありささん=2020年6月4日 。(AFP)
埼玉県の病院の体育館でトレーニングを行う日本人ボクサーで看護師の津端ありささん=2020年6月4日 。(AFP)
埼玉県の病院の体育館でトレーニングを行う日本人ボクサーで看護師の津端ありささん=2020年6月4日 。(AFP)
Short Url:
Updated 09 Jul 2020
09 Jul 2020

所沢:オリンピック志望の津端ありささんは、リングで打撃を受けることには慣れているが、彼女は看護師の仕事では、新型コロナウイルスという最も手強い敵に立ち向かっている。27歳の彼女は、都内近郊の病院で手術用手袋を着用しての不規則なスケジュールをこなしながら、ボクシンググローブでの過酷なトレーニングに励んでいる。

津端さんは主にがん患者の治療を行っているが、ウイルスは常に脅威であり、パンデミックのピーク時には医療専門家が日本の医療体制が崩壊に近いと警告していたと語った。

「私たちは医療機関で常に感染のリスクに直面しています」と彼女は述べた。

「同僚も私も、感染の可能性があるというストレスの中で仕事をしてきました」

多くのエリート選手と同様に、ウイルスは津端さんのトレーニングスケジュールに大きな混乱をもたらしたので、彼女は今年の東京オリンピックが2021年まで延期されることを歓迎していた。

「延期の理由が感染症の蔓延だったので、喜んでいいものかどうか迷いましたが、トレーニングのための時間が増えたことは私にとってプラスでした」

津端氏が減量のためにボクシングを始めたのはわずか2年前のことだが、階級はすぐに上がった。

「看護師になって数年で10キロ以上(22ポンド)太りました」と彼女は笑った。

「ある夏に友達とハワイに行こうと計画していたんですが、こんな体では楽しくないと思っていました。それがボクシングを始めたきっかけです」

彼女はすぐにリングのコツを見抜き、全日本選手権で優勝し、代表チームの一員となった。

彼女の医療とスポーツのキャリアを両立させることは必ずしも容易なことではなく、彼女が初めて外国人ボクサーと戦ったのは1月にカザフスタンで行われた集中トレーニングキャンプでのことだった。

「それは私の短いボクシングキャリアの中で、自分がいかに未熟であるかを気づかせてくれました。私は恐れていたんです」と彼女は認めた。

新型コロナウイルスが彼女に余分な一年を与えていなかったとしたら、彼女にはパリでの最終予選トーナメントに送るには十分な経験がないと日本のボクシング当局は判断しており、2020年に向けた彼女の夢は打ち砕かれていただろう。

彼女は現在、2021年7月23日に開幕する再日程の試合の出場資格を得るために必要な経験を積むことを決意している。

「もっともっと練習して、最終予選で戦えるように連盟を納得させたいです」と彼女は語っている。

津端さんのコーチのKuroki Masatakaさんは、彼女は巧妙なボクサーで、学習能力が高いと語った。

「今の彼女に必要なのは、闘争心と攻撃力に加えて、ディフェンスのテクニックと体幹の強さです」とKurokiさんは述べた。

「ディフェンスです!彼女にはディフェンスのテクニックがもっと必要です。下からのパンチをかわすために、彼女にはもっと俊敏で強い下半身が必要なんです」と彼は語っている。

ありささんの父Jojiさんは、タヒチ人の妻と別れた後、ありささんと3人の兄妹を一人で育てた。Jojiさんは娘に看護の道に進むよう後押しし、生涯のスキルを身につけさせた。

彼は娘が五輪の出場権を争うことになるとは予想もしていなかったが、彼女のマスコミの報道からの切り抜きをすべて誇らしげに保管している。

「新型コロナウイルスが発生してから、娘は直接家族に会わないようにしていました」と58歳の父親は語った。「娘は心配していたんです」

津端さんは今、彼女のオリンピックへの野望をサポートしてくれたすべての同僚と患者のために試合に出場したいと考えている。

「何度パンチを食らっても戻ってくるようなボクサーになりたいです」と彼女は語った。

「あなたたちのおかげで頑張れる、オリンピックに出られるんだということを、応援してくれる人たちに見せたいです」

AFP

Most Popular
Recommended

return to top