Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 困難な年を経て、世界最強の柔術家たちがアブダビに到着

困難な年を経て、世界最強の柔術家たちがアブダビに到着

2019年に金メダルを獲得したブラジルのジョアオ・ガブリエル・ソウサ選手(左)がアブダビに戻ってきた。(UAEJJF)
2019年に金メダルを獲得したブラジルのジョアオ・ガブリエル・ソウサ選手(左)がアブダビに戻ってきた。(UAEJJF)
Short Url:
30 Mar 2021 01:03:10 GMT9
30 Mar 2021 01:03:10 GMT9
  • 第12回アブダビ世界プロフェッショナル柔術選手権大会が 、4月6日から9日にかけて開催される

アラブニュース

ドバイ:中止か開催かで世界中ほぼすべてのスポーツ競技が混乱に陥った年を経て、世界最強の格闘家たちがUAEの首都に降り立ち、国際的な柔術大会の最大かつ最も権威あるイベントである第12回アブダビ世界プロフェッショナル柔術選手権大会(ADWPJJC)に挑む。

イベントは、柔術アリーナにて4月6日から9日まで開催される。

2019年に62㎏級で金メダルを獲得したブラジルのジョアオ・ガブリエル・ソウサ選手は、新型コロナパンデミックという困難にも負けずに大会を開催するとしたUAE柔術連盟(UAEJJF)の決断を非常にうれしく思うと述べた。

「ADWPJJCは、シーズン最大のショーであり、私にとっては絶対に見送ることのできない大会です」と彼は述べた。「参加選手の質は秀逸で、大会は非常によく組織化されており、世界最強の選手たちに対してまさに自分を試すことのできる大会です。私はアブダビで戦うことを本当に楽しみにしているのです」

ソウサ選手の同胞であり、2年前の90㎏級金メダリストであるガブリエリ・ペサンヤ選手は、今年の大会でもまた力強いパフォーマンスができることを期待していると述べた。

「2019年の金メダル獲得は私にとって非常に特別なことでした。ADWPJJCのような権威ある大会で再び優勝したいと思っています」と19歳の黒帯ブラジル選手である彼女は述べた。「世界最強の選手たちに対して自分を試すことのできる最高の大会であり、私はアブダビで競技するのが大好きです」

アブダビへのチケットをすでに獲得している別の黒帯選手であるポーランドのアダム・ヴァルジンスキ選手は、過去2回の大会で94㎏級の銀メダルを獲得しており、今回はもうひとつ上の金を目指している。

「すべてのスポーツ選手にとって非常に困難な1年でしたが、UAEJJFがこの権威ある大会の開催に尽力してくれたことを非常にうれしく思います」とヴァルジンスキ選手は述べた。「私にはアブダビで競技した本当に幸せな思い出があります。ADWPJJCは、柔術の最高選手たちが集結する場であり、真剣に取り組む選手たちにとっては、自分の試合を向上させ、通常であれば立ち会うことのない選手たちに対して自分を試すことのできる申し分のない場所です」

ADWPJJCは、アラブ首長国連邦軍副最高司令官であるアブダビ首長国のシェイク・ムハンマド・ビン・ザイド・アル・ナヒヤン皇太子の後援で開催され、賞金総額は270万ディルハム(73万5000ドル)となる。

大会は非公開で開催され、参加選手、職員、事務局員、スタッフはすべて定期的にPCR検査を受け、ソーシャルディスタンスとマスクの着用が求められる。

試合は、4月6日火曜日に18歳未満と21歳未満の出場で開幕し、4月7日には成人部門が続く。最後の2日間は、プロフェッショナル部門の試合となる。

特に人気
オススメ

return to top