Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 「自分の夢を追いかけて」サッカー選手でアディダスのブランドアンバサダーであるファラ・ジェフリーは、サウジの女の子たちに向けてそう言った。

「自分の夢を追いかけて」サッカー選手でアディダスのブランドアンバサダーであるファラ・ジェフリーは、サウジの女の子たちに向けてそう言った。

Short Url:
08 Apr 2021 02:04:13 GMT9
08 Apr 2021 02:04:13 GMT9
  • 昨年の12月、王国では初めての女子サッカーリーグを開き、サウジアラビア中から24チームが参加して最初の勝利を持ち帰ろうと競い合った。

ハラ・タシュケンディ

リヤド: サウジの女性スポーツ選手は過去数年で相当な進歩を遂げた。過去10年で挙げた大小の勝利は懸命に戦って得られたもので、王国の女性人口は全く下降の兆しを見せていない。

サウジの国中の女性たちは新しいアクティブさを獲得しつつある。サッカーで自分の兄弟たちの相手をしてやろうという女性たちさえいるほどだが、そこからめぐってくるかもしれない機会があることを彼女たちは知らない。

サウジのスポーツで最も知られている有名な人物の一人は、もちろん王国の現在の駐米大使であるリーマ・ビント・バンダル王女だ。外交業務を始める以前、リーマ王女はスポーツ庁(GSA)のスポーツ振興担当を務めており、王女は多様性や包括性、王国のスポーツ経済の発展、戦略的パートナーシップでリーダーシップを発揮してきた。

昨年の12月、王国では初めての女子サッカーリーグを開き、サウジアラビア中から24チームが参加して最初の勝利を持ち帰ろうと競い合った。

先週月曜、サウジのスポーツ界の女性がまたも功績を上げることとなった。サウジ出身の女性選手が生涯続くスポンサーシップ契約を獲得したのだ。アディダスは、同社がジェッダ・イーグルズのミッドフィルダー、ファラ・ジェフリーをブランドアンバサダーとする契約を結び、ファラ・ジェフリーが中東地域でアディダスの顔となる初めてのサウジ出身女性スポーツ選手となると発表した。

10年前にサッカーを始めた18歳のジェフリーは、プロとしてプレーすることをずっと夢見ており、アディダスに選ばれてこのドイツのスポーツブランドを代表することをとても光栄に思うとアラブニュースに語った。

「アディダスは非常に良く知られた会社で、その一員となれるのを嬉しく思っています。このことが将来、他のサウジの女性サッカー選手の道を開くことになって欲しいです」とこの抜擢について述べた。

人の意見に怖気づいてはだめ――障害はあるかもしれない、でも最後にはそれを乗り越えた甲斐があったと感じられる。

ファラ・ジェフリー、ジェッダ・イーグルズのミッドフィルダー

子供のころからプレーしたいと自覚していても、ジェフリーにとって、キャリア上で今の地点にたどり着くのはけして簡単ではなかった。

「ジェッダ・イーグルズでトレーニングを3年近く続けています」とジェフリーは言った。「最初はきつかったです、私はチームで一番若いメンバーだったし、自分と比べるとずっと経験がある人たちとプレーしていましたから」

しかし、基礎的なスキルをさせるために自宅でも練習を重ねていたジェフリーは、この経験を古参のメンバーから学ぶチャンスと考えた。

今はそれがライフスタイルになりました。一日中サッカーボールと一緒なのが最近の私にとっては普通なんです」とジェフリーは言った。

ジェフリーにとって、プロのサッカー選手であることで最も大変なのは、調子を維持することだ。ジェフリーが出来る限り練習を積むのが重要と考えるのは、そのためでもある。

ジェフリーは家族や友人などから力になってもらえたことや幸運だったと考えている。自分の周りの人々は、彼女がどんなにプロとしてサッカーをプレーしたがっているかいつも理解して、その夢をかなえるために出来ることは何でもしてくれたのだと言う。

しかし、ジェフリーは同じくらい批判にも対応しなければならなかった。特に、スポーツには女性の参入する余地などないと考える人々からの批判だ。

「このスポーツは女のすることじゃないと言い続ける人はたくさんいます。でも、私はサッカーは特定のジェンダーのためのスポーツじゃないと思います。他のどのスポーツとも同じで、何と言われようと私は私の好きなことをするし、私が女だということでジャッジされるべきではありません」とジェフリーはアラブニュースに語った。

ジェフリーは、彼女自身が「美しい」旅路と称するものに自分も参加したいと考えるサウジの少女たちにアドバイスをしている。

「他人の意見に怖気づいてはだめ――障害はあるかもしれない、でも最後にはそれを乗り越えた甲斐があったと感じられます。情熱があるならとにかく夢を追ってください、他のことは遅かれ早かれついてきます。」

topics
特に人気
オススメ

return to top