Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • AFCインターナショナル・プレイヤー・オブ・ザ・ウィークに日本人スター選手4人がノミネート

AFCインターナショナル・プレイヤー・オブ・ザ・ウィークに日本人スター選手4人がノミネート

日本のディフェンスのベテランであるヨシダ・マヨは、AFCインターナショナル・プレーヤー・オブ・ザ・ウィーク受賞の最有力候補の1人である。(AFP)
日本のディフェンスのベテランであるヨシダ・マヨは、AFCインターナショナル・プレーヤー・オブ・ザ・ウィーク受賞の最有力候補の1人である。(AFP)
Short Url:
21 May 2021 04:05:15 GMT9
21 May 2021 04:05:15 GMT9

クラレト・モンソレート

 

5月12日から18日までのパフォーマンスに基づき、アジアサッカー連盟 (AFC) のインターナショナル・プレイヤー・オブ・ザ・ウィークに10人がノミネートされているが、そのうち4人が日本人選手である。吉田麻也もそのうちの1人だ。32才の吉田はイタリアのセリエAのサンプドリアでプレーしている。吉田はこの週に素晴らしいパフォーマンスを2度見せた。週の半ばに行われた対スペツィア戦で吉田は98回も素晴らしいパスを出して、その後日曜日に行われた対ウディネーゼ戦では重要な役割を果たしてチームの無失点に貢献した。

久保建英はスペインのラ・リーガのヘタフェでプレーしている。レアル・マドリードからレンタル移籍中だった19才の久保は、試合に出場したのはわずか22分間だったものの、日曜日に行われた対レヴァンテ戦で見事なウイニングゴールを決めてチームのシーズンに大きく貢献した。

雷のようなストライクでその日3点を得ただけでなく、1試合を残して降格圏との勝ち点差が4点となり、チームの来季のラ・リーガ残留が確実となった。

遠藤航は、ドイツのブンデスリーガのVfBシュトゥットガルトでプレーする自身初めてのシーズンで素晴らしいゴールを決めた。日本のミッドフィルダーである遠藤が72分に決めたストライクにより、1試合を残した状態でチームはリーグの上位半分の留まることができた。

伊東純也はベルギーのプロリーグのKRCヘンクでプレーしている。立て続けに行われたチャンピオンシップ・ラウンドでの対アンデルレヒト戦で、日本のウインガーである伊東は素晴らしい活躍をした。その結果ヘンクは2試合を残した状態で、ベルギーリーグのタイトルを掴む望みをわずかに残すこととなった。

AFCは毎週素晴らしいパフォーマンスをしたアジア人選手を賞にノミネートしている。ノミネートされる選手たちは、イギリスのプレミアリーグを含む世界のトップリーグで現在プレーしているアジア人選手たちだ。

ウズベキスタン、中国、イラン、韓国、さらにインドの選手たちもいるため、最優秀賞をめぐる競争は熾烈である。

AFCによると、最終的な受賞者はファン投票で決められる。

特に人気
オススメ

return to top