Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ネットフリックス ゲーム事業の提携を検討

ネットフリックス ゲーム事業の提携を検討

テレビシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン2のプレミアに出席したキャストメンバー。左からケイレブ・マクラフリン、フィン・ヴォルフハルト、ノア・シュナップ、ゲイテン・マタラッツォ。2017年10月26日、ロサンゼルスにて。(ロイター)
テレビシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン2のプレミアに出席したキャストメンバー。左からケイレブ・マクラフリン、フィン・ヴォルフハルト、ノア・シュナップ、ゲイテン・マタラッツォ。2017年10月26日、ロサンゼルスにて。(ロイター)
Short Url:
04 Jun 2021 02:06:24 GMT9
04 Jun 2021 02:06:24 GMT9
  • ネットフリックスのゲーム事業は、アップルのゲームサービス、Apple Arcadeと同様の定額制サービスになると報じられている
  • ネットフリックスの新たな動きは、パンデミック期間の記録的な成長の後、新規加入者数が急激に伸び悩んでいる中で報じられた

アラブニュース

ロンドン:最近の報道によると、ネットフリックスは定額制ベースのゲームサービスへの進出を視野に入れ、ゲーム業界の複数の幹部にプラットフォームの提携を打診しているという。

これまでもネットフリックスは『ストレンジャー・シングス 未知の世界』や『ダーククリスタル』など一部の自社製作作品のライセンスをゲーム開発会社に供与してきた。

ネットフリックスはインタラクティブ映画も幅広く製作し、『ブラック・ミラー: バンダースナッチ』、『アンブレイカブル・キミー・シュミット:キミーVS教祖』は、どちらも視聴者が独自に選択をしながら物語を進める基本的なゲームの仕組みを採用している。

ネットフリックスのゲームサービスは、アップルのゲームサービス、Apple Arcadeと同様のサービスになると報じられている。Apple ArcadeはアップルのiPhone、iPad、Mac、Apple TVのみで使用でき、ユーザーは4.99ドルの月額料金を支払ってライブラリからゲームをダウンロードする。

ネットフリックスの新たな動きは、パンデミック期間の記録的な成長の後、新規加入者数が急激に伸び悩んでいる中で報じられた。2020年にネットフリックスの新規加入者は3,600万人増加し、ユーザー数は全世界で2億人を超えた。

だが、2021年の最初の 3 か月間のネットフリックスの新規加入者数は全世界で400万人未満に留まった。

特に人気
オススメ

return to top