Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 「家族のようなもの」:日本のバーチャルユーチューバーはファンから何億円も稼ぐ

「家族のようなもの」:日本のバーチャルユーチューバーはファンから何億円も稼ぐ

2022年4月7日撮影、東京都内のスタジオでライブ配信を行っているバーチャルユーチューバーの飯塚麻結氏。彼女は「琴吹ゆめ」というキャラクターの声とアニメーションを担当している。(AFP)
2022年4月7日撮影、東京都内のスタジオでライブ配信を行っているバーチャルユーチューバーの飯塚麻結氏。彼女は「琴吹ゆめ」というキャラクターの声とアニメーションを担当している。(AFP)
Short Url:
08 May 2022 11:05:49 GMT9
08 May 2022 11:05:49 GMT9

東京:飯塚麻結氏は、東京の仮設スタジオで自分のアバターが何百人ものファンの前でライブ配信されると、穏やかな語り口の人格を脱ぎ捨て、キャッキャと叫び、大きく手を振り始めた。

「琴吹ゆめ」というキャラクターの声とアニメーションを担当する飯塚氏のようなバーチャルユーチューバー(VTuber)たちが、日本のニッチなサブカルチャーを、トップアカウントで年間1億円以上を稼ぎ出す盛況な業界へと変貌させた。

その動画は、ファンがお気に入りのアニメアイドルと直接やりとりしているような気分になるように作られており、視聴者はライブ配信でコメントを1つ強調するために数万円払うこともある。

飯塚氏はAFPに対し、「私が自分のチャンネルでゲームをしていて何かに成功すると、ファンが祝福してくれて」、「応援と感謝の気持ちを表すために」チップを払ってくれると語った。

26歳の少女は、ノートパソコンとウェブカメラ、そして首から下げたモーションセンサーを使い、スクリーンに「ゆめ」として登場する。「ゆめ」の顔の表情は、プロデューサーがコントロールしている。

キーキー声で短いスカートを履き、大きな紫色の目を持つ飯塚氏のアバターは、日本のアニメに登場するハイパーフェミニンなヒロインによく似た「VTuber」キャラクターの人気モデルを踏襲している。

データ会社のユーザーローカルによると、VTuber界隈は約5年前に登場して以来急成長しており、世界中で約16,000人のストリーマーが配信を行っており、TikTokやゲームサイトのTwitchのような他のプラットフォームでもファンが増加している。

日本では地方自治体がプロモーションに利用しており、『バットマン』のロバート・パティンソン氏とゾーイ・クラヴィッツ氏が日本のトップVTuberのインタビューに応じた。

VTuberは、従来のライブストリーマーと同様の方法で収益をあげており、たとえばYouTubeの「スーパーチャット」システムでは、ファンが投げ銭をすればするほどそのコメントに注目が集まる仕組みになっている。

実際、昨年「スーパーチャット」で世界一稼いだ9つのYouTubeアカウントは、すべてVTuberだった。

データ分析サイト「プレイボード」によると、9人全員が東京に拠点を置くあるタレント事務所に所属しており、それぞれ投げ銭で8,353万円から1億9,536万円の収入を得たという。

ほとんどのファンはコメント1件につき数百円しか使わないが、もっとも熱心なファンは5万円を投じてバーチャルアイドルへの熱いメッセージを投稿することもある。

自動車部品の検査員であるムラカミカズマ氏 (30) は、自分のコメントをお気に入りのVTuberで見てもらえるように赤くハイライトするために、1万円を投じることで知られている。

ムラカミ氏はAFPに対し、「僕がまた彼女のチャンネルを訪れていることを彼女に気づいてほしい」と語った。

また別の、カズミと名乗るVTuberファンは、東京近郊の小さなワンルームマンションを、彼のお気に入りのキャラクターである大神ミオのポスターや額入りの写真やキーホルダーで飾っている。

30歳のコンピューターエンジニアであるカズミ氏は、仕事の後や週末はミオ氏の動画に没頭し、黒髪の「オオカミ少女」のデジタルイラストを描いている。

「5時間、いや10時間、彼女のことだけを考えています」とカズミ氏は語った。

「彼女は僕にとって家族のようなものです」

広告会社D.A.コンソーシアムのデジタルビジネス専門家である永松範之氏は、こうした熱心さと、ファンが大金を払いたがる傾向は、日本で他のファンサブカルチャーがどのように機能しているかと関連していると語った。

永松氏はAFP通信に対し、「スーパーチャットは基本的に、アイドルやアニメのファンがグッズを買うことで「推し」やお気に入りを応援しようとする長年の文化の延長線上にあるのです」と語った。

「また、大好きな相手から注目されたり、他のファンに対して優越感を得たりする手段でもあります」

VTuberは通常、キャラクターの背後にいる人物(しばしば「魂(ソウル)」とも呼ばれる)を表に出さない。多くのファンと同様、カズミも自分の愛はアバターのミオに向けられたものであり、ミオを演じている人に向けられたものではないと言う。

しかし、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になることもある。

日本の裁判所は最近、自分のキャラクターに対するネット上での誹謗中傷は自分に対する攻撃に相当すると主張したVTuberの中の人に有利な判決を下した。

バーチャルユーチューバーは「性別や年齢や体格などは超越することができますが、重要なのは、そこには現実の生活の中で発言し、コメントを読んでいる実在の人物がいるということです」と、原告側弁護士の小沢一仁氏は述べた。

プロの声優である飯塚氏にとって、4年間「ゆめ」として動画を撮ってきた後に自分の正体を明かすという珍しい決断をすることは、とても不安だったという。

「大きくてキラキラした目をしていてスタイル抜群の「ゆめ」のファンが、中の「本当の」人がどんな人なのか知って、がっかりするのではないかと恐れた部分もありました」 と飯塚氏は語った。

でも「今のところ、ファンからの反応はとても親切です」

そして、バーチャルな自分である「ゆめ」の、より率直で快活な性格は、飯塚氏にも徐々に影響を与えているという。

「以前は人前で話すのが苦手だったのですが、「ゆめ」はとても経験豊富なライブ配信者なので、彼女というアイデンティティーのおかげで、自信を持って話すことができるようになりました」

AFP

topics
特に人気
オススメ

return to top