Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • オンス・ジャブールがウィンブルドンで勝利し、アラブ・アフリカ人女性として初のグランドスラム決勝進出を果たす

オンス・ジャブールがウィンブルドンで勝利し、アラブ・アフリカ人女性として初のグランドスラム決勝進出を果たす

準決勝でドイツのタチアナ・マリアと対戦するチュニジアのオンス・ジャブール選手。(ロイター)
準決勝でドイツのタチアナ・マリアと対戦するチュニジアのオンス・ジャブール選手。(ロイター)
Short Url:
07 Jul 2022 03:07:35 GMT9
07 Jul 2022 03:07:35 GMT9
  • チュニジア出身の27歳の世界ランク2位のジャブールが、6-2、3-6、6-1で勝利した。

ロンドン:オンス・ジャブールは木曜日、ウィンブルドン準決勝で親友のタチアナ・マリアを破り、オープン形式になってから初のアフリカ人女性としてグランドスラムのシングルス決勝に進出した。

チュニジア出身の世界2位のジャブール選手(27歳)は6-2、3-6、6-1で勝利し、土曜日の優勝決定戦で2019年のチャンピオン、シモナ・ハレプかエレナ・リバキナのどちらかと対戦することになった。

「私は、チュニジア女性として誇りを持ってここにいます」と、アラブ人プレーヤーとして初めてスラム大会の準決勝に進出したジャブール選手は話した。

木曜日までは、スラムのシングルス決勝に進出したアフリカ人女性選手は、1927年の全仏オープンのアイリーン・バウダー・ピーコックと1959年の全豪オープンのレニー・シューマンの2人の南アフリカ人だけだった。

“長年の努力と犠牲の結果、夢が叶いました。それが報われてうれしいし、あと1試合続けたいと思います」とジャブールは語った。

「体力的にも、タチアナはビーストです。彼女はあきらめない。あきらめるかと思ったのですが、彼女のタッチ、サーブ、コート上の全てに感動しました。この調子で頑張って欲しいですね。しばらくはもうプレイしたくないですね」

「長年の努力と犠牲の結果、夢が叶いました。それが報われてうれしいし、あと1試合続けたいと思います」とジャブールは語った。

「体力的にも、タチアナはビーストです。彼女はあきらめない。あきらめるかと思ったのですが、彼女のタッチ、サーブ、コート上の全てに感動しました。この調子で頑張って欲しいですね。しばらくはもうプレイしたくないですね

「チュニジアで今、ファンが熱狂しているのは知っています。もっとアラブやアフリカの選手がツアーに参加してほしです。私はテニスが大好きだし、彼らと経験を分かち合いたいです」

ジャブールは、2児の母であるマリアを相手に、第3ゲームと第7ゲームでブレークし、第1セットを順調にリードした。

第1セットでは、相手の6本に対し、彼女は15本のウィナーを放ち、1度もブレークポイントを握らせなかった。

しかし、ジャブールが「バーベキュー仲間」と表現するマリアは第2セット、繊細なスライスを連発し、ついに3-1と突き放すことに成功した。

第2セットでは、ジャブールの17本のアンフォーストエラーに対し、より正確なドイツ人選手は6本、試合が振り出しに戻った。

しかし、103位のマリアの挑戦は打ち砕かれ、逆転勝利はならなかった。

ジャブールはダブルブレイクで5-0とし、2度目のマッチポイントをとって歴史に名を刻んだ。

AFP

特に人気
オススメ

return to top