Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 急募:日本の介護施設が赤ちゃんを採用中

急募:日本の介護施設が赤ちゃんを採用中

これまでに30人以上の乳幼児が契約しており、80代が大半を占める100人以上の住人に元気を与えている(AFP)
これまでに30人以上の乳幼児が契約しており、80代が大半を占める100人以上の住人に元気を与えている(AFP)
Short Url:
30 Aug 2022 05:08:56 GMT9
30 Aug 2022 05:08:56 GMT9

東京:南日本の介護施設が非常に重要な任務のために赤ちゃんを「採用中」だ。その任務とは、高齢住人の相手をして笑顔にすること。報酬は、オムツと粉ミルクだ。

北九州にある施設の新従業員は4歳未満であることが条件で、採用された乳幼児が「行きたい気分のときに」出勤できることを定めた契約書に保護者が署名する必要がある。

採用された乳幼児は「お腹が空いたり、眠かったりした場合や気分に応じて」休憩をとることが許可されていると契約書に記載されている。

当介護施設の代表である権頭喜美惠氏によると、これまでに30人以上の乳幼児が契約しており、80代が大半を占める100人以上の住人に元気を与えている。

「赤ちゃんを見るだけで住人は笑顔になります」と同氏は話す。そしてクスクス笑いながら「シフトなどはありません」と付け足した。

施設の壁に掲示された求人広告には「急募!」と大きな字で書かれ、仕事の報酬はオムツと粉ミルクであることが記載されている。

また、採用された乳幼児の主な(そしておそらく唯一の)業務内容は保護者に連れられて介護施設の中を「散歩」して回ることだとも記されている。

権頭氏によると、「赤ちゃんは常に母親と一緒にいます。公園に散歩に行くようなものです」

住人はこの幼い従業員に喜んでいるようで、挨拶をしたり、話しかけたり、ハグをしたりしている。

ある住人は地元テレビ局に対し、「かわいいね。自分が子育てをしていたころを思い出すよ」と話していた。

権頭氏によると、これまでのところ、この企画はすばらしい結果をもたらしているそうだ。

「赤ちゃんの中には住人ととても仲良くなる子もいて、いまや本当の祖父母と孫のようです」

AFP

topics
特に人気
オススメ

return to top