Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 中東
  • 米国がガザに建設した桟橋、荒波による損傷で撤去と修理が必要に

米国がガザに建設した桟橋、荒波による損傷で撤去と修理が必要に

米軍は、一時的な桟橋が悪天候で破損したため、海上によるガザ地区への援助物資の輸送を停止したと、国防総省が火曜日に発表した。(ロイター)
米軍は、一時的な桟橋が悪天候で破損したため、海上によるガザ地区への援助物資の輸送を停止したと、国防総省が火曜日に発表した。(ロイター)
Short Url:
29 May 2024 12:05:05 GMT9
29 May 2024 12:05:05 GMT9
  • この桟橋は、パレスチナ人に食料や水などの物資を届ける数少ない方法のひとつである。

ワシントン:米国防総省は、飢餓に苦しむパレスチナ人への人道支援を行うために米国が建設した仮設桟橋が、荒波と天候のために損傷したため、ガザ海岸から撤去して修理する予定であると発表した。

国防総省のサブリナ・シン報道官は火曜日、記者団に対し、今後2日間で桟橋は引き揚げられ、イスラエル南部の都市アシュドッドに送られ、そこで米中央軍が修理すると述べた。

彼女によれば、修理には「少なくとも1週間以上」かかり、その後、桟橋をガザの浜辺に固定する必要があるという。

この桟橋は、約8ヶ月に及ぶイスラエルとハマスのガザでの戦争の中、国連が飢饉の危機に瀕していると発表したパレスチナ人に食料、水、その他の物資を届ける数少ない方法のひとつである。

AP

特に人気
オススメ

return to top