Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ベイルートの爆発事故を受けレバノン政府が集団辞職する見通し

ベイルートの爆発事故を受けレバノン政府が集団辞職する見通し

2020年8月6日、レバノンのバアブダにある大統領官邸で、火曜日のベイルートの港湾地区での爆発事件を受けての会議中、レバノンのナビ・ベリ国会議長、マクロン大統領、オウン大統領、レバノンのハッサン・ディアブ首相が写真を撮るためにポーズをとる(ロイター)
2020年8月6日、レバノンのバアブダにある大統領官邸で、火曜日のベイルートの港湾地区での爆発事件を受けての会議中、レバノンのナビ・ベリ国会議長、マクロン大統領、オウン大統領、レバノンのハッサン・ディアブ首相が写真を撮るためにポーズをとる(ロイター)
Short Url:
10 Aug 2020 04:08:34 GMT9
10 Aug 2020 04:08:34 GMT9

ナジャ・フーサリ

ベイルート:レバノン政府は、ベイルートを破壊した恐ろしい爆発事故を受けて、月曜日に集団辞職する見通しだ。

ベイルート港に保管された膨大な硝酸アンモニウムの爆発による死者は150人以上、負傷者は約6000人。加えて何十万人もの人々が家を失った。

この悲劇とそれに伴う混乱は、当局の腐敗、無能、怠慢にすでに憤っている人々の怒りを買っている。

何人かの閣僚が週末に辞任の可能性について話し、マナル・アブデル・サマド情報相は日曜日の夜に退任を発表した。

「私はレバノンの人々の願いを叶えられなかったことを謝罪します」と彼は述べた。

「変化はつかみどころのないままでした。現実が願望と一致しなかったこと、そしてベイルートの事件の恐怖があったことにより、私は政府からの辞任を申し入れます」

ダミアーノス・カタル環境大臣は、日曜日に行われた閣僚会議でハッサン・ディアブ首相にこう語った。「私の子供たちの友人がベイルートの爆発事故で死亡したため、このような責任を省内で果たし続けることはできません」と述べた。

ディアブ首相は日曜日に辞表を提出しようとしていた閣僚に対し、辞表を提出しないように促し、内閣は月曜日に会合を開き、個人の辞任ではなく、集団辞任について議論することになったと省庁筋はアラブ・ニュースに伝えた。

ナビ・ベリ国会議長は日曜日、「首都と国民を苦しめた罪」について政府と議論するため、来週木曜日の正午から国会の公開会合を開くと発表した。

政府が月曜日に辞任を表明すれば、新政権が発足するまでの間、暫定政権になる。

未来議連のメンバーであるアセム・アラジは、大統領が新しい首相を任命するために議会協議を呼びかける期限は特にないと述べた。

「これまでの政権でも同様に、長い時間がかかりましたが、現在の状況では、協議はすぐに行われるべきです。私たちは大きな問題に直面しています。過失から生じた犯罪であり、誰がこの犯罪の責任者なのかを明らかにするための国際的な調査を必要とする大きな人道的悲劇が起きています」

同国は6日間の期限を設けて調査結果を公表したが、レバノン国民は国内調査の結果を信用せず、国際的な調査を求めていると彼は付け加えた。

ニーマット・フレム議員は、土曜日にカテブ党の3議員と進歩的社会党のマルワン・ハマデ議員が辞任した24時間後に、マロナイト総主教団本部からの辞任を発表した。

レバノン軍政党のサミール・ゲアゲア党首は、「この議会を追い出すことで共和国を支える」ために実施している取り組みについて語った。 

彼はこうツイートした。「私たちは必要な電話をかけ、十分な辞職者を集め、できるだけ早期に議会選挙を実現するための努力をしています」

セトリダ・ゲアゲア議員は次のように述べた。「レバノン軍の15人の議員の辞表は私たちのポケットの中にありますが、私たちは、最終的に私たちに託した人々が要求していること、つまりこの残忍な権力者の離脱の実現につながると確信できてから提出します」

マロン派のベチャラ・アル・ラヒ総主教は、爆発後初めての説教で、爆発を人類に対する犯罪と呼んだ。また、国際的な調査を行い、全事実を明らかにして発表しなければならないとし、その地位にかかわらず、この大虐殺と大惨事の責任者全員に説明責任を負わせる義務があると付け加えた。

しかし、ミシェル・オウン大統領は国際的な調査を拒否し、国内調査への信頼を表明している。

オウン大統領は広報室が発表した声明の中で、次のように述べた。「国際調査の要求は、真実を誤解させることを目的としています。判断が出るまでに時間がかかりすぎると意味がなくなってしまいます。司法が迅速でなければならないのは、遅れた司法は公平ではないからです。誰が犯罪者で誰が無実なのかを確認するためには、慌てることなく迅速でなければなりません」と述べた。

アル・ライヒは、レバノン社会の安定と統一を取り戻すために、中立性に基づいた新体制を確立することを主張した。

彼の日曜日の説教に参加したベイルート大司教区のアンティオキア総主教庁の司教、メトロポリタン・エリアス・アウディはこう警鐘を鳴らす。「信賞必罰の政策を採用しなければ、物事はまっすぐにならず、国民とその権利への攻撃が続くでしょう」

彼はこう付け加えた。「自国を重んじる国では、役人は職務を果たせなかったり、ある部分で基準に満たなかったりすれば辞職します。この国では、役人は椅子に座ったままで、国民は次々と災難に見舞われています」

「爆発現場で作業していた軍のチームは、化学物質、放射線物質、生物学的物質の有無を調べるために精密なセンサーを使いましたが、何も見つかりませんでした」とレバノン陸軍工兵連隊の将校がアラブニュースに語った。

軍の情報源によると、これは「爆発の過程で使用されたミサイルはなかった」ことを意味している。「爆発はその場所を陸地から水のある湾に変えました」

軍の潜水士の一人がアラブ・ニュースにこう語った。「死体を探すために潜ったとき、海底に投げ込まれた大きな残骸の山を発見し、爆発で打撃を受けたドックに船が停泊することを阻みました。また、亀の死骸も発見され、現場から500メートル離れた場所では爆発で投げ込まれた遺体も回収されました」

ベイルート港管理局は、商品が持ち主に届けられるように、そしてレバノン人の食料安全保障を守るため、被害を受けていない港の活動再開に向けて努力を続けている。国家情報局によると、小麦の船が停泊し、製粉所に直接配送するための代わりの停泊位置を確保するための作業が進行中である。

レバノン軍の報告によると、土曜日の夜にベイルートでデモ隊との対立が発生し、将校8人を含む108人の兵士が負傷した。将校のうち2人が重傷を負った。

特に人気
オススメ

return to top