Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • F-35戦闘機の販売成立にUAEは自信を持っている、と大使は述べた

F-35戦闘機の販売成立にUAEは自信を持っている、と大使は述べた

UAEは、ドナルド・トランプ氏のオフィス最終日に最高50機のF-35戦闘機購入に合意していた。 (ファイル/AFP)
UAEは、ドナルド・トランプ氏のオフィス最終日に最高50機のF-35戦闘機購入に合意していた。 (ファイル/AFP)
Short Url:
03 Feb 2021 01:02:03 GMT9
03 Feb 2021 01:02:03 GMT9
  • UAEは、ドナルド・トランプ氏のオフィス最終日に最高50機のF-53戦闘機購入に合意していた
  • UAEは昨年8月、米国主導合意の下でイスラエルと国交を樹立した際の裏取引として、ロッキード・マーティン製の奇襲向きF-35戦闘機取得の機会を約束された

ドバイ:ジョー・バイデン大統領政権は、米同盟国に対し保留中になっている一部の武器販売について、審査を実施する予定だ。アラブ首長国連邦のワシントン大使は、その審査後にF-35戦闘機の自国への販売が成立することを確信している、と述べた。

UAEは、ドナルド・トランプ氏のオフィス最終日に最高50機のF-35戦闘機と18機の武装無人偵察機、その他の防衛装備の購入に合意していた。取引金額は230億ドルに相当する。

「すべての事を規則に従って進めました。そのことは、審査が完了すれば明らかになるでしょう。そして購入に進展するはずです」とユーセフ・アル・オタイバ大使は月曜、ワシントン研究所のオンラインフォーラムで述べ、審査を「形式的」なものとして説明した。

米国国務省の当局者は先月、米国の同盟諸国に対し保留されている一部の武器販売について、バイデン政権は審査のため一時的に中止している、と述べた。

「審査を受けると同時に、全ては今も進行中です。正しい場所に行き着くと確信しています。」とオタイバ氏は語っている。

「中東での存在感を減らして関与も抑える計画であれば、より多くを求めている同盟国から同時にその道具を取り上げることはできません。」と彼は述べた。

UAEは昨年8月、ロッキード・マーティン製の奇襲向きF-35戦闘機取得の機会を約束された。それは同国が、米国主導合意の下でイスラエルと国交を樹立した際の裏取引だった。

12月には、この取引を阻止する試みを上院が拒否している。反対派は、機器が悪人の手に渡らないよう、あるいは中東の燃料不安に陥らないようにする十分な保証なく、取引が急いで進められている、と主張している。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top