Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • レバノン首相、大臣辞任の声が高まる中、危機打開策を講じて希望を抱く

レバノン首相、大臣辞任の声が高まる中、危機打開策を講じて希望を抱く

2021年11月4日(木)、ベイルートのダウンタウンにある官邸での記者会見で、国歌に耳を傾けるレバノンのナジーブ・ミカティ首相。(AP)
2021年11月4日(木)、ベイルートのダウンタウンにある官邸での記者会見で、国歌に耳を傾けるレバノンのナジーブ・ミカティ首相。(AP)
Short Url:
06 Nov 2021 12:11:48 GMT9
06 Nov 2021 12:11:48 GMT9
  • 反ヒズボラ君主戦線出身の元内相が「政権全体が去るべき」と発言
  • フランス:「レバノンを地域の危機から切り離すことは基本的に重要である」

ナジャ・フーサリ

ベイルート:レバノンのナジーブ・ミカティ首相は金曜日、ジョージ・クルダヒ情報大臣の発言に抗議して同国との外交・経済関係を断絶したサウジアラビアをはじめとする湾岸諸国との関係を修復し、政府内の溝を埋めるための水面下での協議の結果を待っていた。

ミカティ首相の議員連盟のメンバーであるアリ・ダルウィッシュ議員は、アラブニュースの取材に対し次のように語った。「ミカティ首相は木曜日に発表したロードマップを通じて、危機を打開するためのイニシアチブを発揮した」

ダルウィッシュ議員は、ミカティ首相が「もともと穏健派であり、レバノンのような国では不可欠なコンセンサスが得られる人物であるため、彼が慎重かつ賢明に問題を処理することは極めて重要である」と強調した。

ミカティ首相はクルダヒ大臣に対し、「良心に従い、国益を優先する」よう改めて求めた。

しかし、クルダヒ氏は政府からの辞任を拒否している。

ダルウィッシュ議員は、クルダヒ大臣と彼の政治チームが主張を変えない場合のミカティ政権の崩壊の可能性について、次のように述べている。「ミカティ首相はレバノンの状況を理解しており、自分が首相である限り、レバノンがアラブ諸国と良好な関係を維持できると考えている」

同議員はさらに、「もしミカティ首相が辞任するようなことがあれば、レバノンは想像を絶するような結果になる可能性がある」と述べた。

また、同議員は、現政権は「すべてのレバノン人を結集した方式に基づいており、もし執行権を失うことになれば、レバノンから意思決定機関を奪うことになる」と述べた。

反ヒズボラ君主戦線を代表して、元内務大臣のアシュラフ・リフィ氏が語った。「ヒズボラは自らの利益に基づいて政府を形成し、国家を支配し、イランのために人質となった」

リフィ氏はミカティ首相に辞任を求め、こう述べた。「あなたは機能不全に陥った政府の首相であり、この国はこれ以上ヒズボラの政府を必要としていない」

同氏はこう指摘した。「地獄の大統領、ミシェル・アウンをはじめ、この政権全体が去る必要がある。我々は悪の枢軸から離れる必要があり、正義が適用されなければならない」

金曜日には、フランス外務省が「アラブ諸国とレバノンの間の新たな紛争に関わるすべての関係者と緊密に連絡を取っている」と発表し、ミカティ政権に対する国際的な支持が高まった。

フランスのジャン=イヴ・ル・ドリアン外相は、「すべての当事者とレバノン政府関係者に対し、レバノン国民とレバノンの安定のために、冷静さと対話を促進すること」を呼びかけ、これが 「地域にとって極めて重要」であることを強調した。

ドリアン外相は次のように述べた。「レバノンを地域の危機から切り離すことは基本的に重要である。レバノンは、改革を実施するにあたって、すべての地域パートナーの支援を頼れる状態になければならない」

国連のレバノン担当特別調整官であるジョアンナ・ウロネッカ氏は、金曜日にミカティ首相と会談した後、「ミカティ政権の活動を全面的に支持する」と表明し、必要な改革を進めるよう促した。

米国務省のネッド・プライス報道官は木曜日の夜、レバノンはレバノン国民のためにパートナーと協力しなければならず、湾岸諸国との外交チャンネルは開いたままにしておくべきだと強調した。

プライス報道官はまた、「我々は、レバノン国民の苦しみを和らげる方法を探している」とも述べた。

ミカティの議員連盟のメンバーであるニコラス・ナハス議員は、現在の政治的な複雑さを「大きな問題」と表現し、湾岸諸国との間でさらに問題が複雑化することを抑制するための努力が続けられていることを指摘した。

ナハス議員はさらに、「この問題には信頼回復のための明確で統合されたロードマップが必要であり、その第一歩はクルダヒ大臣が良心に従うことから始まる」と述べた。

「もし彼が辞任しなければ、大統領、首相、国会議長はどのような措置を取るべきかを決定する必要がある」

同議員は強調した。「真剣な取り組みが求められており、国民が政治的な争いの代償を払うことは、いかなる場合でも許されない」

また、ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官も、この危機についてコメントした。

ザハロワ報道官は次のように述べた。「ロシアは、レバノンとアラビア湾岸諸国との間の外交的対立をできるだけ早く解決することを期待している」

同報道官は、クルダヒ大臣の発言について、「彼がまだレバノンの国家と政府を代表する大臣ではない時に行われたものだ」と指摘した。

特に人気
オススメ

return to top