Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レバノンの弁護士たちが弁護士会の新メンバーを選ぶ選挙で激しい戦い

レバノンの弁護士たちが弁護士会の新メンバーを選ぶ選挙で激しい戦い

約7,600人の弁護士が投票し、36人の候補者が立ち、そのうち9人が協会のトップの座を争った。(シャッターストック)
約7,600人の弁護士が投票し、36人の候補者が立ち、そのうち9人が協会のトップの座を争った。(シャッターストック)
Short Url:
22 Nov 2021 05:11:13 GMT9
22 Nov 2021 05:11:13 GMT9
  • アミン・ジェマイエル元大統領「この弁護士会がすべてのシンジケートの模範となることを願っています」
  • 政権与党は、自分たちの不人気の露呈を恐れ、無所属の候補者を支持

ナジャ・フーサリ

ベイルート:レバノンの弁護士たちは日曜日、弁護士会のメンバー9人と新会長を選ぶための選挙を行った。

当選したのは、イマド・マルティノス氏、ナダー・カスパー氏、エリアス・バズレリ氏、アブド・ラフード氏、イスカンダル・ナジャー氏、ファディ・アル・マズリー氏、マルワン・ガブル氏、ワジ・マサド氏、そしてマヤ・アル・ザグリニ氏の9人のメンバーである。

同日、アミン・ジェマイエル元大統領は次のように述べた。「選挙がレバノンの大志を体現する結果となること。そしてこの弁護士会がすべてのシンジケートの模範となることを願っています」

多くの政治家と同様、弁護士であるジェマイエル氏の、選挙権を行使する際の発言である。

昨年の選挙は、新型コロナウイルスの流行を受け中止となった。

2019年の選挙戦では、反政府組織出身のトップが選出され、数十年にわたって弁護士会を運営してきた与党のトップが解任されている。

今回は約7,600人の弁護士が投票し、36人の候補者が立ち、そのうち9人が協会のトップの座を争った。

選挙戦は終日続き、与党がひそかに無所属の候補者を支持する動きも見られた。

これにより、多くの有権者の混乱を引き起こし、対立する候補者が有効票を獲得するためにさらに奮闘することになった。

野党に忠誠を誓う弁護士たちの票は、「レバノン野党戦線(Lebanese Opposition Front)」と「私たちの弁護士(Our Bar)」に二分された。この2つのリストの間には、ナジャー氏を筆頭に3人の共同候補がいた。

一方、各政党は無所属の候補者を支持しながら、自らは名前を挙げなかった。

前議員のニコラ・ファットゥーシュ弁護士は、兄と経営しているベカー地方の採石業に関して革命グループに所属する弁護士たちから批判を受けた。その後、司法宮殿の中庭にある「私たちの弁護士」のテントから追い出されることになった。

会長の座をめぐる争いは、ナジャー氏とカスパー氏が中心となった。カスパー氏はベイルート弁護士会に3回以上所属しており、選挙結果でナジャー氏との票差が300票を超えたことから、最有力候補とされていた。

カスパー氏は、2019年11月の選挙では、前職のメルエム・カラフ氏と競った。

当時、体制側の政党はカラフ氏の当選を阻止するために同氏を支持していたが、10月17日から始まった大規模な反政府抗議を背景にしたカラフ氏がそれらの政党を打ち破った。

選挙オブザーバーは「選挙プロセスのベテラン政党たちは、第1ラウンドではどの候補者への支持も表明せず、勝利した弁護士会のトップに、自分たちの投票のおかげで勝利した、自分たちは彼を支持した、と伝えることを好んだようだ」と述べている。

2019年のレバノンのいくつかの大学では、独立派が学生選挙を争い、既成政党の支配力を打ち破った。これは既成政党があからさまに候補者を支援することをためらっていることの説明になるかもしれないとオブザーバーは付け加えた。

オブザーバーによると、政党は「若い世代を恐れるようになり、候補者の名前を発表することを避けるようになった。そのため、「無所属」の名のもとで、候補者を立てることになったのだという。

topics
特に人気
オススメ

return to top