Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イスラエル軍、報復の危険性を理由にガザ周辺を閉鎖

イスラエル軍、報復の危険性を理由にガザ周辺を閉鎖

政府声明によると、ヤイール・ラピード首相は火曜日、この脅威のリスクを考慮して治安を見直していた。(AFP)
政府声明によると、ヤイール・ラピード首相は火曜日、この脅威のリスクを考慮して治安を見直していた。(AFP)
Short Url:
02 Aug 2022 02:08:20 GMT9
02 Aug 2022 02:08:20 GMT9
  • 政府声明によると、ヤイール·ラピード首相は火曜日、この脅威のリスクを考慮して治安を見直していた

エルサレム:イスラエル軍は火曜日、パレスチナのイスラム聖戦の幹部2人が一晩で逮捕されたことを受けて、報復の危険性を理由に、ガザ国境付近の地域を民間人に対して閉鎖したと、軍とパレスチナ側の情報筋が語った。

ヨルダン川西岸地区の紛争地ジェニンで月曜日の遅くに、17歳のパレスチナ人がイスラエル軍に射殺された。軍は、「指名手配中のテロ容疑者2人」 を逮捕した警察と一緒に行動していたと述べた。

匿名希望のパレスチナ治安当局筋はAFPに対し、逮捕者の1人はイスラム聖戦のヨルダン川西岸地区部門の幹部であるバスセム·アル·サアディ氏だと語った。

この情報筋によると、2人目はサアディ氏の義理の息子で、ジェニンを拠点とする武装集団の資金集めをしていた。

イスラエル軍は次のように述べている。「パレスチナのイスラム聖戦のテロ組織によるテロ活動が確認されたとの状況判断を受けて、ガザ地区のセキュリティフェンスに隣接する地域とルートを封鎖することが決定されました」

「この地域は直接的な脅威にさらされているため、民間人が攻撃されないように、民間人に対して閉鎖されました」

政府声明によると、ヤイール·ラピード首相は火曜日、この脅威のリスクを考慮して治安を見直していた。

パレスチナ側の情報筋によると、サアディ氏は逮捕時にイスラエル軍の犬によって負傷したという。彼の拘束のニュースが広まるにつれ、支持者はイスラム聖戦への連帯を表明し、ジェニン難民キャンプや近くのナブルス市に群衆が集まり始めた。

この団体は月曜の遅くに発表した声明で、「我々は警戒態勢にあることを宣言し、我々のムジャヒディーン(戦闘員)の準備を進める」と述べている。

約230万人のパレスチナ人が住むガザでは、2007年にイスラム原理主義組織のハマスがパレスチナのマフムード·アッバス大統領に忠実な勢力を追放して以来、イスラエルによる封鎖が続いている。

イランと密接な関係を持つ武装組織であるイスラム聖戦は、ガザでの存在感が強く、イスラエルへのロケット攻撃の発射台として定期的に利用されている。

今回の騒動は、イスラエルとパレスチナの紛争で暴力が激化する中で発生した。

3月下旬以降、ヨルダン川西岸地区を中心に少なくとも55人のパレスチナ人が殺害された。

その中には非戦闘員も含まれており、ジェニンでイスラエル軍の襲撃を取材していたアルジャジーラのジャーナリスト、シリーン·アブアクラ氏(パレスチナ系米国人の二重国籍者)も殺害された。

同期間に、イスラエルを標的とした攻撃で19人が死亡した。アラブ系イスラエル人襲撃者3人も殺害された。

AFP

特に人気
オススメ

return to top