Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 元CIA支局長、イラン指導者の国連総会への出席を阻止することをバイデン米大統領に要請

元CIA支局長、イラン指導者の国連総会への出席を阻止することをバイデン米大統領に要請

Short Url:
18 Aug 2022 07:08:16 GMT9
18 Aug 2022 07:08:16 GMT9
  • ならず者国家がサウジアラビアと米国を攻撃している、とノーマン・ルール氏が語る
  • サルマン・ラシュディ氏襲撃事件はテヘランの世界的なテロ計画の一部である

レイ・ハナニア

シカゴ:イランのイブラヒム・ライシ大統領は、来月開催される国連総会への出席を禁じられるべきだ。なぜなら、テヘランは8月12日にニューヨークで起きた小説家サルマン・ラシュディ氏への襲撃事件に加担し、世界中で暴力とテロを煽り続けているからである。

これは、元CIAのイラン担当国家情報長官であるノーマン・ルール氏の見解であり、ジョー・バイデン大統領と国連は、テヘランの行為は許されないという強いメッセージを送らなければならないと述べた。

ニュージャージー州フェアビュー出身の24歳レバノン系アメリカ人、ヘイディ・マタル容疑者によるラシュディ氏への攻撃は、イランが支援する幅広い暴力的作戦を反映した「明確なテロ行為」であり、米国とそのヨーロッパの同盟国、および国連は強い対応をしなければならない、とルール氏は述べた。

「しかし、この非常に敏感な時期に米国に対してそういった行為があったのだから、イラン政府に向けて、これは許されないというメッセージを送る必要があると思う」と、ルール氏はアラブニュースによる「レイ・ハナニア・ラジオ・ショー」で語った。

「ライシ大統領を国連総会から追放することは、他の敵対国やならず者国家に、行動には結果が伴うというメッセージを送ることにもなる。そして、もしこの種の行動をとれば、外交的孤立に耐えなければならなくなるということだ。もしライシ大統領が(国連総会に出席するために)米国に来れば、それは逆のメッセージを送ることになる。この種の行動をとってもよいというメッセージを送ることになるのだ。国務省の報道官から声明が出るだろう。米国の高官によるツイートがあるかもしれない。米国内に金融資産を持たない組織に対して制裁を加えることができるかもしれない。しかし、そうでもしなければほとんど無傷でやりたい放題になってしまう。それは避けたいと思う」

もしこれがアルカイダの仕業だったら、米国や欧州の同盟国の反応は「違っていただろう」とルール氏は言う。過去には、米国はアルカイダによるテロ行為に対して、特に米国内でのいかなる行動も罰する「強固な制度」を持っていたと、ルール氏は指摘した。

もしバイデン大統領が、9月中旬の国連総会出席のためのライシ大統領の米国入国を禁止しなければ、次の選択肢はライシ大統領の演説のボイコットだろうと、ハーバード・ケネディスクール・ベルファー科学国際問題研究所の非常勤研究員であるルール氏は主張する。

「これは、イランによる全世界での暴力的作戦である。最近アルゼンチンでも事件があった。サウジアラビアの国際空港に向けてイエメンからイラン製ミサイルが発射されたこともある。もうひとつ起こりうるのは、ライシ大統領が話しているとき、パートナーであり同盟国であるこれらの国々の代表が部屋から出て行ってしまうことだ。それは過去にも行われた」と、2008年から2017年まで国家情報長官室の役職に就いていたルール氏は言う。

「私たちは、彼らが無傷のままやり逃げることを許すことはできないし、それはさらなる暴力を助長する」

過去の政権は、ドイツでアメリカ人職員が標的となった後、リビアの独裁者ムアンマル・カダフィ大佐に対してロナルド・レーガン元米大統領が攻撃を開始したときなど、テロに対して非常に断固とした行動を取ってきたとルール氏は主張した。

「私たちはほとんどの場合、イラン当局者以外の他の国民を巻き込んだ一連のイランの行動を経験してきた。これは、イランがイランに責任があるとする行動をとることができるため、メッセージを伝えることはできるが、ある意味で否定もできる」とルール氏は述べた。

「米国と欧州が行ったことは、危険な戦略だと思う。彼らは危険な戦略に従っている。要するに、法執行の側面から現地の実行犯を追及し、その行為をイランの仕業とする声明を発表し、誰かが成功すれば内々に、あるいは公に厳しい結果を招くと脅しているのだ。そしてほとんどの場合、イランの行動は失敗する」

「しかし要するに、私たちは、彼らがアメリカ人殺害のためにバットを振っているというメッセージを送っているのである。今年、イランによる多くの試みがあったが、報道によるとそれらは失敗に終わっている。しかし、その取り組みに対して罰を与えないということは、本質的には、イランがこうした行動を続けることを助長することになる。それだけでなく、ツイッター上や最高指導者のアカウントなどでプロパガンダを行い、実質イランの政治的目標を満たすような行動を取るよう促してもいるのである」

ルール氏は、イランは明らかにラシュディ氏への襲撃の背後にいるだけでなく、元国連大使で米国国家安全保障顧問のジョン・ボルトン氏や、元米国務長官のマイク・ポンペオ氏、そして、過去にも外務大臣を務めた、サウジアラビアの新しい気候特使であるアーディル・アル・ジュベル外務大臣などの他国の指導者にも被害を与えようと試みていると述べた。

 「イランには確実に、このような行動を促すような世界的な雰囲気を作り、それを広めた責任がある。イランは最近ではないが、時折述べているファトワ(宗教令)を出しただけでなく、再度それを支持した。しかし、実際にイランは、サルマン・ラシュディ氏を殺害した者に支払う懸賞金の額を増やした」とルール氏は述べ、33年が経過したとしても、1989年に出され、イランの指導者が一度も取り消していない元々の死のファトワが損なわれるものではないと指摘した。

「イランは、これ(ラシュディ氏の襲撃)が必要な行為であるという感覚を作り出した責任がある。アルカイダが世界的な宣伝活動で他の暴力行為を扇動したのと同じようなことが起こっていると思う。つまり、アルカイダは具体的な行動を行わなかったが、人々がソーシャルメディア上で特定のプロパガンダによって情報を得たために、暴力行為が行われたのだろう」

ルール氏は、バイデン大統領がイランのテロを止めるために他の行動を追求すると脅しているが、この方針について「多くの詳細を明かしていない」と指摘した。

「イランが脅迫を行う時、その脅しはやがて時間をかけて達成されるかもしれないことまで強調されている。米国と国際社会はこのファトワを別の形で扱うべきだったし、ファトワが(そのまま)残っていることを許容すべきではなかったし、イランがこれを撤回しなかったことを許容すべきではなかったという教訓がそこにある。しかし、イランがソーシャルメディアに流すプロパガンダに従う人は大勢おり、この人物はそれに従って行動したのだ」とルール氏は語った。

ラシュディ氏への襲撃やその他の攻撃についてイランに適切な対応をしないことは、「危険なメッセージ」を送ることになると、ルール氏は主張する。

「要するに、私たちが得たのは法の執行下で捕えた人々を罰するという状況である。イランに対しては、攻撃が成功した場合には報いると、私的にも公的に伝えている」と、アラブニュースによる「レイ・ハナニア・ショー」で語っている。

「しかし、攻撃が失敗した場合には、米国だけでなく、友好国やヨーロッパのパートナーの国々からも何の反応も得られないようだ。そしてこのことが、イランにいる個人が米国や他の場所でテロを行おうとしても、何の罰も受けることがないという思考を後押ししていると思う」

レイ・ハナニア・ショーは、オハイオ州の一部を含むデトロイト都市圏のWNZK AM 690ラジオと、バージニア州とメリーランド州の一部を含むワシントンDCのWDMV AM 700ラジオで、毎週水曜日午後5時(東部標準時)に生放送されている。この番組は、デトロイトでは毎週木曜日の午前7時からWNZK AM 690で、シカゴでは正午12時からWNWI AM 1080で再放送されている。

topics
特に人気
オススメ

return to top