Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • オンラインファッションサイトのナムシ、サウジでの収益が50%もの急増

オンラインファッションサイトのナムシ、サウジでの収益が50%もの急増

ドバイのエマール・モールズ傘下の電子商取引小売企業であるナムシは、昨年サウジアラビアからの収益を50%増加させた。(提供資料)
ドバイのエマール・モールズ傘下の電子商取引小売企業であるナムシは、昨年サウジアラビアからの収益を50%増加させた。(提供資料)
Short Url:
19 Feb 2021 07:02:46 GMT9
19 Feb 2021 07:02:46 GMT9
  • 2011年設立のナムシ(アラビア語で前進を意味する)は、ファッション製品と美容製品のオンライン販売を行っている

ディーマ・アル=コデル

ジェッダ:ドバイのエマール・モールズ傘下の電子商取引小売企業であるナムシは、昨年サウジアラビアからの収益を50%増加させ、リヤドでの新たな倉庫施設の運用開始を予定している。

親会社のエマール・モールズの2020年の収益が24.8%減少し35億1000万ディルハム(9.6億米ドル)となった一方、サウジアラビアを最大の市場とするナムシの収益は同期で28%増加し13.16億ディルハムとなった。

「ナムシの収益の70%以上は通常サウジアラビア市場からのものです」と、同社の広報担当者は明らかにし、昨年のサウジアラビアでの収益が50%増加したことを付け加えた。

2011年設立のナムシ(アラビア語で前進を意味する)は、ファッション製品と美容製品のオンライン販売を行っている 。800以上のブランドを販売し、湾岸協力会議に加盟しているサウジアラビア、UAE、クウェート、オマーン、バーレーンの各国で事業を展開し成功を収めている。

ドバイ・エマール・プロパティーズの小売部門であるエマール・モールズは、2017年5月にナムシの株式の51%を買収した。買収価格は1億5100万米ドルと報道されている。2019年2月、エマール・モールズはナムシ株式の残り49%をドイツ企業ロケット・インターネットから買い取った。

電子商取引小売企業ナムシは、サウジアラビアでの好調な事業展開から得られる利益の増大を企図して、オンライン外の実体を伴う事業展開を同王国内で拡大しつつある。

「リヤドで現地倉庫を既に1年以上にわたって利用してきました。そして、現在、最先端機能を備えた専用倉庫施設へと移転しつつあります。当社はサウジアラビア市場で非常に好調な成績を収めており、それにより更なる設備投資が必要になっているわけです」と、ナムシの広報担当者は述べた。

ナムシのハディ・バドリ会長はアラブ・ニュースに以下のように語った。「ナムシのビジネス戦略ではサウジアラビアを最優先に考えています。サウジアラビアこそが当社の最重要マーケットです。このマーケットで、当社は、高い市場占有率を保持し、強い競争力と顧客ロイヤリティを有する企業なのです。サウジアラビアの電子商取引マーケットは魅力に溢れ、同国内の消費者は新しい流行の発信源でもあります」。

「ナムシは、最も需要の高い世界的ブランドと国内ブランドのファッションや美容、ギフト製品のオンライン販売において最高の顧客体験を提供し、サウジアラビアでの成長路線を継続しようと全力を挙げています」と、バドリ会長は言った。

昨年2月にリヤドで開催された小売業界リーダーサークルMENAサミット2020での講演で、ベイン&カンパニーの共同経営者であるシリル・ファーブル氏は、中東と北アフリカにおける電子商取引マーケットの規模が、2017年の約85億米ドルから29%成長し、2019年には143億米ドルとなったと述べた。

同ファーブル氏によれば、「サウジアラビアの電子商取引マーケットは急速に成長しています。周辺地域では最も速く成長しつつあり規模においても最大です」と付言した。

サウジアラビアのマージド・アル・カサビー商業投資大臣は、「サウジアラビア王国における電子商取引は著しく発展しました。800億サウジアラビア・リヤル相当以上のサービスと製品がこのマーケット上で取引され、合計45,000ものネット通販ショップや電子商取引プラットフォームが存在しています」と述べた。

ナムシはカタールへの進出を発表しており、既に事前注文を受け付け始めている。

特に人気
オススメ

return to top