Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • グランドモスクの除菌ロボットが増やされる

グランドモスクの除菌ロボットが増やされる

ロボットには音声による早期警告機能が搭載されており、人間の介入なしで5時間から8時間まで動作する。(Supplied)
ロボットには音声による早期警告機能が搭載されており、人間の介入なしで5時間から8時間まで動作する。(Supplied)
Short Url:
15 Oct 2020 08:10:10 GMT9
15 Oct 2020 08:10:10 GMT9
  • ロボットは6段階の内部殺菌を行い、環境衛生の強度と安全性を向上させる。

タレック・アル=タカフィ

メッカ:二聖モスクの事務総長は、グランドモスクの消毒に使用されるロボットの台数を増やすと発表した。

グランドモスクの消毒には、毎日4500リットル以上の滅菌材が使用され、安全で健康的な環境を実現している。

大統領府の環境保護・伝染病対策部長のハッサン・アル=スワイリ氏は「大統領府は、グランドモスクとその外の広場での殺菌作業を強化し、最高レベルの準備態勢を整え、予防措置を適用するように努めています」とアラブニュースに語った。

アル=スワイリ氏は、大統領府が技術的過程を機械化し、巡礼者にサービスを提供し、安全で健康的な環境を作り、簡単に儀式を実践できるように適応させるために、あらゆる選択肢を調査していると述べた。

同氏は、最新の発明に追いつくために特殊なロボットを使って除菌を行い、新型コロナウイルスに立ち向かうために最高の技術装置を使用していると語っている。

「密閉された空間での殺菌や環境保護に使用されるこのスマートロボットは、プリマップにプログラムされた自動制御システムで動作し、高性能な霧化ユニットを備えたSLAM特許を保持しています」と同氏は述べた。

アル=スワイリ氏は、高精度ロボットの導入は、新型コロナウイルスなどの病気や伝染病の蔓延を抑える一助となるだろうと語っている。

ロボットは6段階の内部殺菌を行い、環境衛生の強度と安全性を向上させ、使用シナリオに応じて除菌要件をインテリジェントに分析する。稼働時間は5時間から8時間で、人間の介入は必要ない。

装置には23.8リットルを収容できる。噴霧量は1時間あたり2リットルとされており、一度に600平方メートルの細菌を除菌する。除菌に使用するドライミスト粒子の大きさは5~15マイクロメートルだ。

「グランドモスクと預言者のモスクの事務を担当する総管区には、グランドモスクの面積に比例してスマートロボットの数を増やす可能性を継続的に研究している作業チームがあります」とアル=スワイリ氏は述べた。

アル=スワイリ氏は、この技術は人間の介入を減らし、継続的な殺菌・消毒が必要な環境の安全性を測定したと語っている。

同氏は巡礼者に、彼らの役に立ち、彼らの快適さを確保することを主な目的とした安全・健康・予防計画の実施を促進するための規制と指示に従うように求めている。

特に人気
オススメ

return to top