Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジ民間航空総局総裁がオランダの大使をリヤドに迎える

サウジ民間航空総局総裁がオランダの大使をリヤドに迎える

今回の覚書は、オランダとサウジアラビア間の航空輸送に関する二国間協力を強化するものとなる。(SPA)
今回の覚書は、オランダとサウジアラビア間の航空輸送に関する二国間協力を強化するものとなる。(SPA)
Short Url:
25 Nov 2020 04:11:59 GMT9
25 Nov 2020 04:11:59 GMT9

アラブニュース

リヤド:サウジ民間航空総局(GACA)のアブドゥルハディ・ビン・アーメド・アル=マンスーリ総裁は火曜日、オランダのジャネット・アルベルダ駐サウジアラビア大使を迎えた。

会談では、航空輸送に関する二国間協力を強化するための覚書が調印された。

サウジアラビアとオランダは、長い良好な関係の歴史があり、それは17世紀にまで遡ることができる。

両国の関係は、ジェッダにオランダ領事館を開設することで正式なものとなり、これは最終的に大使館に格上げされ、1985年にリヤドに移転された。

オランダは、サウジアラビアへ農産物や食料品などを輸出しており、一方、サウジアラビアからは主にプラスチック、石油、石油化学製品などを輸入している。

特に人気
オススメ

return to top