Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジ皇太子がアンカラ訪問、トルコとの二国関係に「新たな一ページ」

サウジ皇太子がアンカラ訪問、トルコとの二国関係に「新たな一ページ」

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下とトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、両国関係の強化と、エネルギーや国防などの部門への投資促進について話し合った。(Twitter: @Spa_Eng)
サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下とトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、両国関係の強化と、エネルギーや国防などの部門への投資促進について話し合った。(Twitter: @Spa_Eng)
Short Url:
24 Jun 2022 01:06:14 GMT9
24 Jun 2022 01:06:14 GMT9
  • 先のヨルダン国王との会談では、パレスチナの独立国家を求める

メネクセ・トキャイ                     

アンカラ:サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下は22日、アラブ地域歴訪の最後の訪問地アンカラに到着した。これに先立ち、同皇太子はアンマンでアブドゥッラー2世・ヨルダン国王との会談を終えていた。           

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、大統領公邸で儀仗兵のセレモニーを催して同皇太子を歓迎。皇太子は大統領と握手を交わして抱き合い、トルコ内閣の閣僚たちと面会した。

皇太子と大統領は共同声明を出し、サウジ、トルコ両国が関係強化のほか、エネルギーや国防などの幅広い部門への投資について協議したと述べた。

トルコ国会のトルコ―サウジ交流委員会(Turkish-Saudi Friendship Committee)のハリル・オズジャン委員長はアラブニュースの取材に対し、サウジとトルコが「両国関係の歴史に新たな一ページを加えた」と述べた。

「我々は、経済、軍事、国防分野において重要かつ具体的な前進が見られることを望んでいる。皇太子の訪問により、こうした分野での幅広い合意がもたらされることを期待している」。同委員長はこう述べ、次のように続けた。

「トルコとサウジアラビアは共に、アラブ地域の重要な国だ。いかなる戦略的パートナーシップも、地域の安定に寄与することになる。トルコはいつでも、地域内の紛争の仲介役になる用意がある」

同委員会は今後、サウジアラビアを定期的に訪問するとみられている。最初の訪問はイード(Eid)の後に予定されている。ハリル・オズジャン委員長は、リヤドのトルコ大使館は貿易問題を注視しているとした。「我々は経済、貿易面での関係修復に向け、課題の克服に全力を尽くす」と同委員長は語った。

同皇太子は、ヨルダンからトルコに向かった。トルコでは、アブドゥッラー2世・ヨルダン国王と会談し、経済や投資面での協力について話し合った。同皇太子、同国王は、鉱業部門、インフラ、農業、観光、文化、医療、通信技術への共同戦略について意見を交わした。

また、ヨルダン国王とサウジ皇太子は、国際的な決議とアラブの平和構想に従って、エルサレムを首都とするパレスチナ主権国家を創設するための国際社会の協力を求めた。

特に人気
オススメ

return to top