Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • Covid-19パンデミック中のSIBF2020、シャルジャとUAEが大きな成功を収める

Covid-19パンデミック中のSIBF2020、シャルジャとUAEが大きな成功を収める

第39回シャルジャ国際ブックフェアは、11日間で38万人以上の来場者を迎え、シャルジャとUAEにとって大きな成功となった。
第39回シャルジャ国際ブックフェアは、11日間で38万人以上の来場者を迎え、シャルジャとUAEにとって大きな成功となった。
第39回シャルジャ国際ブックフェアは、11日間で38万人以上の来場者を迎え、シャルジャとUAEにとって大きな成功となった。
第39回シャルジャ国際ブックフェアは、11日間で38万人以上の来場者を迎え、シャルジャとUAEにとって大きな成功となった。
第39回シャルジャ国際ブックフェアは、11日間で38万人以上の来場者を迎え、シャルジャとUAEにとって大きな成功となった。
第39回シャルジャ国際ブックフェアは、11日間で38万人以上の来場者を迎え、シャルジャとUAEにとって大きな成功となった。
第39回シャルジャ国際ブックフェアは、11日間で38万人以上の来場者を迎え、シャルジャとUAEにとって大きな成功となった。
第39回シャルジャ国際ブックフェアは、11日間で38万人以上の来場者を迎え、シャルジャとUAEにとって大きな成功となった。
第39回シャルジャ国際ブックフェアは、11日間で38万人以上の来場者を迎え、シャルジャとUAEにとって大きな成功となった。
第39回シャルジャ国際ブックフェアは、11日間で38万人以上の来場者を迎え、シャルジャとUAEにとって大きな成功となった。
第39回シャルジャ国際ブックフェアは、11日間で38万人以上の来場者を迎え、シャルジャとUAEにとって大きな成功となった。
第39回シャルジャ国際ブックフェアは、11日間で38万人以上の来場者を迎え、シャルジャとUAEにとって大きな成功となった。
Short Url:
27 Nov 2020 03:11:43 GMT9
27 Nov 2020 03:11:43 GMT9

Amin Abbas(ドバイ)

2020年11月4日から14日までシャルジャ・エキスポセンターで開催された「シャルジャ国際ブックフェア」は、新型コロナウイルス(Covid-19)の世界的なパンデミックがもたらす課題を、出展者と来場者全員のユニークな体験に変えて成功させたイベントとなった。

シャルジャ書籍管理局(SBA)が主催した「世界はシャルジャから読書をする」をテーマにしたSIBF2020のオフライン&オンラインのハイブリッド型モデルは、8万冊の新刊を含む数百万冊の書籍の展示を切望する世界73カ国の1024の出版社に機会を提供し、ブックフェアを訪れた38万2000人の来場者にアピールした。

一方、SBAのバーチャルプラットフォーム「Sharjah Reads」で行われたSIBF2020の多様な文化的催しには、世界中から6万3500人がオンラインで参加し、著名な作家、知識人、詩人、政治家の話を聞き、ソーシャルメディアやデジタルの専門家が主導する主要な議論に加わった。

アラブニュース・ジャパンの独占取材に応じたシャルジャ書籍管理局局長のH.E.アフメド・アル・アメリ氏は次のように述べた。「今年はCovid-19のパンデミックに直面している世界で、国際的なイベントであり、世界最大のブックフェアの一つであるSIBFにとって、旅行手続きが世界中で劇的に変化したため、あらゆる面で例外的な年でした」

「SIBFへの出展者の多くは、UAE以外の国からの参加であるため、各国の行政手続きの関係で、当初は不安もありましたが、去る6月に開催を決定しました」

「Covid-19の期間中にイベントを行うことは、私たちにとって大きな障壁でしたが、シャルジャ首長国の指導者であり、アラブ首長国連邦最高評議会のメンバーでもあるスルタン・ビン・ムハンマド・アル=カースィミー殿下から、SIBF2020での全員の安全を確保するために必要なあらゆる手段を用いてイベントを行うように指示されました」

「SIBFのウェブサイトで出展者登録を受け付けていたのですが、SIBF2020に参加したいという世界中の多くの出展者からの膨大な数の登録があり、驚きました。そのことが、今年の開催に向けての決意と希望を与えてくれました。しかし、世界的にCovid-19の症例が急増しているのを目の当たりにし、多くの海外出展者のイベントへの参加に影響を与える可能性がありましたが、私たちは、出展者のイベントでの安全を確保するために必要なCovid-19安全プロトコル(マスク義務化、ソーシャルディスタンス、オンライン登録など)を提供することを決定しました」

「また、SIBF 2020は、Covid-19パンデミック中に開催された世界で初めての大きな文化・貿易イベントとして注目され、シャルジャ文化プロジェクトとアラブ首長国連邦にとっても大きな成功と考えられています」

「SIBF 2020には多くの人々が信頼と安全を託し、73カ国から1024の出展者がシャルジャの街に集まりました。世界中から多くの来場者を迎えましたが、オンライン登録の義務化、およびイベントにおける各ホールの来場者の定員を制限するための来場時間の制限を行いました」

「会場の混雑を避け、来場者が会場内を回れるスペースを確保するために、今回は前回の出展者リストの7割程度しか受け入れられませんでした。SIBF 2020で行ったすべての測定は、来場者が安全を感じ、ユニークな体験を提供するための私たちのコミットメントの証となりました」

来年開催される第40回シャルジャ国際ブックフェアについて、H.E.アフメド・アル・アメリ氏は「来年のCovid-19の状況によっては、40回目のSIBFは例外的な回となるかもしれませんが、今年のSIBFで成し遂げたことは、来年のSIBFを誰にとっても記憶に残る大きな回にしようという意志と決意を与えてくれました」と付け加えた。

Mahrousa Center for Publishing(エジプト)のメディア・コミュニケーション担当のMohammed Fawzy氏は「世界中の主要なイベントがすべてキャンセルまたは延期されたCovid-19の期間中に開催できたことは、SIBFの主催者にとって大きな成功でした。このような困難な時期において、販売や印刷の面で多くの問題に直面していた出版社の皆様にとっては本当に心配なことでした」と述べた。

Platinum Bookパブリッシング(クウェート)のゼネラルマネージャーであるJasem M. Ashkanani氏は次のように述べた。「SIBFへの参加は今回で12回目となりますが、今年はCovid-19のパンデミックの影響で世界中で多くのイベントが中止になったため、今回のイベントに参加できたことを大変嬉しく思っています。」

続けて「今回のSIBFへの参加の後、Covid-19のパンデミックに対して世界の多くの国で適用されている義務的な手続きの一環として、クウェートに戻った後に検疫をしなければならないため、Covid-19のパンデミックに対する挑戦であると考えられています。しかし、私たちは、Covid-19のパンデミックの間にイベントを開催することを承認し、メッセージを送るために、SIBF2020に参加することを主張し、決定しました。このイベントを開催し、全員の参加を可能にするための素晴らしい努力をしてくださったシャルジャ書籍管理局の運営者の皆様に感謝の意を表したいと思います」と付け加えた。

AlHudhud Publishing & Distribution (ドバイ)のセールスマネージャー、Mahmoud Labanieh氏は次のように述べた。「2月以降、中東地域の多くのイベントがキャンセルされた後の今年のSIBFへの参加理由は、9ヶ月以上の長い休止期間を経て、再び人々に会い、フィードバックを得たかったからです」

「私たちは、Covid-19のパンデミックによって引き起こされた困難な状況の下で今年のSIBFの開催を可能にし、イベントに参加するすべての人に必要なあらゆる安全プロトコルを提供するためにシャルジャ書籍管理局が行った素晴らしい努力と支援にとても感謝しています」

そして「世界のあらゆる社会の発展には読書が不可欠です。電子書籍での読書や遠隔学習への志向がありますが、今日まで多くの人にとって紙の書籍からの読書の方が効果的でまた暗記にも適しているため、一般の人々が紙の書籍での読書にもっと関心を持ってくれることを願っています」と付け加えた。

 

特に人気
オススメ

return to top