Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
25 Sep 2021

アフガニスタンにとって、今後数週間は命運に関わるものとなる

24 Sep 2021

ディルイーヤ:過去を維持しつつ未来を築く

23 Sep 2021

ディルイーヤはサウジアラビア変革の灯火である

23 Sep 2021

サウジアラビア王国は二つの物語の狭間で建国記念日を迎える

23 Sep 2021

フランス大使、建国記念日にサウジアラビアとの関係を称賛

23 Sep 2021

オピニオン: 偉大なるサウードと未来のムハンマド

19 Sep 2021

難民に開かれたトルコの扉が閉ざされようとしている

18 Sep 2021

日本の世代交代選挙、リーダーの年齢は顕著に変わるが、国自体は変わらない

18 Sep 2021

ユニフォニックは中東の新たなユニコーンになり得るか?

17 Sep 2021

イランの核開発は民生目的ではなかった

17 Sep 2021

パレスチナ問題における国連関与の長所と短所とは

16 Sep 2021

最愛の同僚、師、友であったユーセフ・カゼーム氏を偲ぶ

16 Sep 2021

国連食糧農業機関は「国連食料システムサミット」をフォローし、農業食料システムを共に変革する

16 Sep 2021

米国はイランに誤ったシグナルを送っている

14 Sep 2021

レバノンの新内閣へのメッセージ。我々の予測が間違っていることを証明して欲しい

12 Sep 2021

9.11米国同時多発テロから得た教訓・・・そして得られなかった教訓

12 Sep 2021

イランはタリバンの脚本に勝機を見出す

11 Sep 2021

イラク・クルディスタンは、トルコとフランスの新たな対立の場となるかもしれない

11 Sep 2021

9.11から20年、厳しいテロの新時代が幕を開ける

10 Sep 2021

9.11バックラッシュで犠牲になった人々の記録

06 Sep 2021

ロシュ・ハシャナでイスラム教徒とユダヤ教徒の関係を強化

05 Sep 2021

アフガニスタンが生む恐怖は、まだ始まったばかり

05 Sep 2021

アメリカはなぜ中東の信用を失ったのか

05 Sep 2021

バイデン政権はイラクで同じ過ちを繰り返すのだろうか?

03 Sep 2021

今こそイラン政権に制裁を

31 Aug 2021

サウジアラビアが歩む世界ロボット競技会への道のり

31 Aug 2021

アフガニスタンに対する新たな理解の必要性

31 Aug 2021

OPECプラスの長期戦略は揺るがないだろう

29 Aug 2021

G7が再び政治的影響力を発揮

28 Aug 2021

アフガニスタンでの失策は、イラクだけでなく世界にも影響を及ぼす

27 Aug 2021

レバノンの燃料危機にヒズボラが活気づく

26 Aug 2021

米国の政治的分裂さらに悪化 パンデミックで

23 Aug 2021

ナスラッラー師、米国の敗北を喜び、レバノンのアフガニスタン化を目論む

22 Aug 2021

立ち上がろうとする気持ちと諦めで揺れるレバノン

20 Aug 2021

歴史に一縷の望みを見いだすアフガニスタン

20 Aug 2021

レバノンの危機は、人間性の最悪と最良を示す

18 Aug 2021

アメリカのアフガニスタンでの失敗は、地域の同盟国に不穏なメッセージを送る

14 Aug 2021

「OPECプラス」はすぐに増産要求に応じるべきではない

14 Aug 2021

警告が顧みられず気候変動に赤信号

07 Aug 2021

国家汚職防止委員会:外国人投資家に対するサウジアラビアの保証

06 Aug 2021

サウジアラビアCOP26に新たな視点をもたらす

02 Aug 2021

チュニジアからの教訓:政治的イスラムは解決にはならない

30 Jul 2021

「穏健な」タリバンという神話

27 Jul 2021

気候変動による移住に世界はどのように備えるべきか?

23 Jul 2021

OPEC+合意により、サウジアラビアの2022年予算予測が改善

22 Jul 2021

パンデミックに対するサウジアラビアの経済的回復力、信用格付けが証明

20 Jul 2021

OPECプラスとイード祭の妥協点とは:終わりよければすべてよし

16 Jul 2021

日本の静かなオリンピック

11 Jul 2021

オマーン国王の訪問により、地域の問題に対するアプローチがさらに強化される

07 Jul 2021

パレスチナ人にはエルサレムでの民族浄化と闘う支援が必要

オススメ

return to top