Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
29 Feb 2020

サウジアラビアの指導者たちによる確固たる対応策が公衆衛生の保全に貢献

28 Feb 2020

シリアめぐるトルコとロシアの緊張はいよいよ大詰め

27 Feb 2020

リヤドで成長著しいフォーラム・ビジネスを後押しするアジアハウス

27 Feb 2020

ムバラク氏、後世はほどほどの評価でもおかしくない

26 Feb 2020

経済成長のコロナウイルス対策を

26 Feb 2020

サウジアラビア、リヤドG20 の開幕で外交手腕を発揮

26 Feb 2020

G20会議:ビジョン2030の目標にかなった世界的な優先事項

25 Feb 2020

中国へのストレステストとなったコロナウィルス

25 Feb 2020

民主主義勢力の協力で「Westlessness」に立ち向かう

24 Feb 2020

イランの強硬派は沈み行く船の支配権を握る

23 Feb 2020

ジャフラ ガス田がやって来る

23 Feb 2020

真の民主主義を求めるイラン人の願望は支援されるべき

23 Feb 2020

常に変化するトルコの外交政策を理解する

20 Feb 2020

革命の目的をイランに見直させるべき

20 Feb 2020

シリアでのイランの存在は同盟国には重荷

19 Feb 2020

コロナウイルス —次のステップ

19 Feb 2020

DP Worldの上場廃止は湾岸諸国市場 の風向きを示す

18 Feb 2020

コロナウイルスで見通しが暗いにも関わらず、先週原油が反発したのはなぜか

18 Feb 2020

障害多く避難民は帰還かなわず シリア復興に難題

18 Feb 2020

アッバース大統領の国連演説とパレスチナ政治の崩壊

17 Feb 2020

イドリブの血であがなう、ロシア・トルコ・イランの覇権をめぐる争い

16 Feb 2020

衛星打ち上げ失敗、その先に来るさまざまな問題の徴候

16 Feb 2020

国連のイスラエル入植地に対する「ブラックリスト」によってボイコット運動がさらに過熱

15 Feb 2020

サウジアラビアとアメリカの関係が世界の安定の要

14 Feb 2020

COVID-19の大流行を抑制する方法について、明確さが必要

13 Feb 2020

IMF、2034年までにGCC経済が終末を迎えるだろうと予測

13 Feb 2020

成長を促進するためにMENAP地域が取り組むべき3つの事項

12 Feb 2020

アラブ人とイスラム教徒はパレスチナのために立ち上がらねばならない

11 Feb 2020

パレスチナとイスラエルの交渉はアラブの支援によりのみ可能である。

11 Feb 2020

コロナウイルスは石油が依然として世界経済活動の中心であることを証明する

11 Feb 2020

テヘランの暫定政府はイラクの有権者によって処罰されるべきである

11 Feb 2020

サウジアラビアのデジタル構想が将来の経済の基盤を定める

09 Feb 2020

どうやってウイルスが私たちのうわべの礼儀正しさを取り去ったのか

08 Feb 2020

コロナウイルスの地政学

08 Feb 2020

分断された地での共存の物語

07 Feb 2020

どの周辺国とも平和な関係を築いていたトルコの時代は今や遠い過去に

06 Feb 2020

パレスチナ人の大義を利用しスーダンを攻撃するムスリム同胞団

06 Feb 2020

米国はイラクを破壊した、そして今そのツケを払わなければならない

06 Feb 2020

トランプの一方的な計画を切り抜ける包括的な交渉が必要

05 Feb 2020

恐るべき現実となりつつあるオーウェルの警告の数々

05 Feb 2020

パレスチナの指導層に圧力をかける、トランプによる取り決め

04 Feb 2020

コロナウイルスの経済的影響 数ヶ月にわたって続く見込み

04 Feb 2020

トランプの計画が向かうのは、2国家共存ではなくアパルトヘイトだ

03 Feb 2020

石油はタバコとは違うが、投資離れした投資家たちを勝ち取るべき

02 Feb 2020

暴力的な過激派と彼らを駆り立てるイデオロギー

01 Feb 2020

新しい10年に向けての激動のスタート

01 Feb 2020

アラブ連盟がアメリカに伝えるべきこと

31 Jan 2020

欧州の大国はイラン核合意が死んだことを認識すべきである

30 Jan 2020

ダボスで学んだこと:サウジアラムコの気候変動問題に対する大規模な努力

30 Jan 2020

イランは報復として核を保有する恐れがある

Recommended

return to top