Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • リヤドがAIアートコンペティションを開催

リヤドがAIアートコンペティションを開催

23 Dec 2019
Short Url:
Updated 23 Dec 2019
23 Dec 2019

アラブニュース・リヤド

「Artathon(アートアスロン)」は、3月30日〜31日にサウジアラビアの首都で開催されるグローバルAIサミットの主導権を握ります。

リヤドは1月23〜25日に「Artathon(アートアスロン)」コンペティションを開催します。「Artathon(アートアスロン)」コンペティションでは、人工知能(AI)のアーティストと専門家が1つ屋根の下に集まり、AIを通じて独特のアート作品を制作します。

3月30日、31日にリヤドで開催されるグローバルAIサミットの主導権を握る「Artathon(アートアスロン)」は、300人以上の貢献を目の当たりにします。

20のチームが選択され、国際的な専門家の支援とともに、集中的な開発プログラムが行われます。

このプログラムは1月26日から3月30日まで継続し、サミットの活動の一環として、リヤドでの特別展でキュレーションされるビジュアルアート作品を制作します。

AIのさまざまな分野から選ばれた国際審査員団は、AIアートの10のコンセプトを選択し、それが展示会でディスプレイされます。

コンペティションはすべての国籍を受け入れます。アート作品のベスト10には、SR500,000(133,280ドル)以上の賞金が授与されます。

サウジアラビア・データと人工知能局の会長であり、サミットの最高監督委員会の議長であるアブドラ・ビン・シャラフ・アル・ガムディ博士は、「Artathon(アートアスロン)」は、さまざまな分野の発明者が出会い、交流する機会を与えるだろうと述べました。この開発プログラムにより、独特のアート作品が生まれる結果となるだろう、と彼は付け加えました。

「世界中でAIアートの動きが増えており、人間と機械がAI、機械学習、画像分析、その他のデジタルテクノロジーを使用して共同で新しいアート作品を制作しています」と彼は述べました。

topics
Most Popular
Recommended

return to top