Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • UAEの第13回シャルジャ子ども読書フェスティバルで学びの機会を創出

UAEの第13回シャルジャ子ども読書フェスティバルで学びの機会を創出

第13回シャルジャ子ども読書フェスティバルは、12日間で112,000人以上の来場者を集めた。
第13回シャルジャ子ども読書フェスティバルは、12日間で112,000人以上の来場者を集めた。
第13回シャルジャ子ども読書フェスティバルは、12日間で112,000人以上の来場者を集めた。
第13回シャルジャ子ども読書フェスティバルは、12日間で112,000人以上の来場者を集めた。
Short Url:
05 Jul 2022 06:07:55 GMT9
05 Jul 2022 06:07:55 GMT9

アミン・アッバス

シャルジャ:第13回シャルジャ子ども読書フェスティバル(SCRF)が12日間にわたって開催され、あらゆる年齢層と経歴の11万2000人以上の来場者を、学習と娯楽の新しい世界への旅に誘った。エキスポセンター・シャルジャは、思考と創造性を刺激するように魅力的にデザインされたスペースで、ワークショップ、文学談義、アート、詩、料理、ライブショー、コンテストなど、1,900以上のイベントを提供し、文化愛好家を喜ばせた。

クリエイティビティの創造をテーマにしたシャルジャ・ブック・オーソリティ(SBA)主催のフェスティバルは、特に子どもや若者の読書、学習、創造的な探求に対する情熱を育むシャルジャの取り組みを強化し、成功裏に終了した。  

SCRF2022のハイライトは、139の出版社による新刊およびベストセラータイトルの充実、著名な作家、アーティスト、クリエイターによる文学談義やワークショップ、そしてシャルジャ公共図書館(SPL)をさらに充実させるため、最高評議会メンバーでシャルジャの統治者であるシェイク・スルタン・ビン・ムハンマド・アル・カシミ博士が発注した250万UAEディルハム分の英語やアラビア語などの参加出版社による最新書籍の提供だ。

SCRF2022では、世界的に著名な作家やクリエーターが集まり、児童文学や出版に関するさまざまなトピックについて活発なパネルディスカッションを行うなど、1,900以上のアクティビティが行われた。フェスティバルのアジェンダは、120の文化活動、130の芸術的パフォーマンスと演劇作品、そして14カ国から11人のゲストが提供する1,140の子ども向け活動、そして750のワークショップに及んだ。

マンガやコミックのキャラクターを描くワークショップ、コスプレ、ゲームステーション、アラビア語吹き替えのアニメ(Spacetoonグループ提供)を上映する試写室なども設けられ、コミックとマンガのコーナーがフェスティバルの目玉の一つとなっていた。

『ミニオンズ』などの子ども向け映画の共同監督や、『怪盗グルー』『ジュマンジ』のアニメーションを担当したアメリカのアニメーター・映画監督カイル・バルダ氏、子ども向けの文学作品でも有名なエジプト映画界の重鎮モハメド・ヘネディ氏をはじめ、UAE、エジプト、イラク、シリア、チュニジア、バーレーン、イギリス、アメリカ、フランス、オーストラリア、ロシア、カナダなど21カ国43人のアラブ首長国連邦人、アラブ人、そして海外からのゲストが集まった。

12日間のフェスティバル期間中、SCRFは第10回シャルジャ児童書イラストレーション展を開催し、48カ国から296人のアーティストとイラストレーターが参加して23のワークショップが行われた。アーティストはアラブ諸国から77名、世界各国から219名が参加した。

SBAの会長であるアーメッド・ビン・ラッカド・アル・アメリ氏は、次のように述べた。「本と知識の役割を真に理解し、感謝する新しい世代を育て、将来、国を導く力を与えるという途方もない課題は、終わりのない継続的なプロセスです。そして、このプロセスこそが、有意義で持続可能な国家の発展の核心であると信じています」

「ここシャルジャでは、シャルジャ家族評議会(SCFA)の議長であるシェイカ・ジャワハー・ビン・ムハンマド・アル・カシミ夫人の後援のもと、シャルジャの首長殿下が構想されたように、SCRFの持続的かつグローバルなインパクトを残す旅を毎年続けています」と彼は付け加えた。

SBA会長は、この地域と世界の児童文学業界をさらに発展させ、豊かにするという新たな野望に火をつけた今回の成功に喜びを表し、「SCRF2022の幕開けとともに、読書、芸術、科学、イノベーション、そして何よりも子どもたちの全体的な成長に焦点を当て続けることによって首長国を建設するという殿下の構想に沿って、我々はシャルジャでの新しいイベントや活動の設計に向けて準備しています」と述べた。

SCRFの総合コーディネーターであるコウラ・アル・ムジャイニ氏は、次のように述べている。「SCRFの各回が終了するたびに、若い世代がどのように知識や技術を学び、どのような習得方法を好み、どうしたらもっと学びたいと思い、何に最も興味を持つかについて、新たな傾向を分析しています。このような綿密な調査により、主要なターゲット層にとって望ましく、親しみやすく、付加価値のある方法で、今後のフェスティバルを開催するための明確なイメージを形成しています。SCRF2022は、私たちが企画した多様なプログラムを通じて、自由に考え、リスクを取り、質問をし、自分の限界に挑戦するよう促すことで、子どもや若者の創造性を刺激することを目的としています」

特に人気
オススメ

return to top