Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアにおけるIT関連支出、2021年は277億ドルと回復へ

サウジアラビアにおけるIT関連支出、2021年は277億ドルと回復へ

2020年のこのセクターの支出額合計は前年比8.7%増の9億6500万ドルに上った。(Shutterstock)
2020年のこのセクターの支出額合計は前年比8.7%増の9億6500万ドルに上った。(Shutterstock)
Short Url:
30 May 2021 03:05:50 GMT9
30 May 2021 03:05:50 GMT9
  • 新たな報告によると、王国における2020年のIT関連支出は275億9300万ドルとなり、2019年を1.6%下回った。
  • しかし、この数字は2021年には対前年比2.1%増の277億3400万ドルになると見込まれる。

アラブニュース

リヤド:米国の調査会社ガートナーの予測によれば、サウジアラビアにおけるITシステムへの支出は、2020年こそコロナ禍による経済的影響で幾分落ち込んだが、2021年には回復する見通しだ。

新たな報告によると、王国の2020年のIT関連支出は275億9300万ドルとなり、2019年を1.6%下回った。しかし、この数字は2021年には対前年比2.1%増の277億3400万ドルに上ると見込まれ、さらに2022年には5.1%、2023年には5.2%になると見られる。

昨年の全体的な減少にもかかわらず、統計値の詳細からは、各社が自社システムのデジタル化へ動き出したことや、オンラインによる活動の急激な増加によりデータセンターに対する要求が増加した。このセクターにおける2020年の支出合計は、前年比で8.7%増加し9億6500万ドルとなった。とはいえ、この数字は、最大セクターである通信サービス分野の消費が2.2%落ち込み175億7000万ドルに減少した事で相殺された。報告では、このセクターは2021年に改善がみられるものの、完全に回復すると予測することは、2022年まで出来ないとしている。

王国におけるIT関連機器の支出も、2021年に支出が急増し7.1%増の46億8700万ドルになると予測されている。これと平行し、2021年のソフトウェアへの支出は9.1%増え14億ドルとなる見込みで、その後数年間は二桁台の成長となり、2022年に12.4%、2023年および2024年には11.5%、2025年には12.2%に上るとみられる。

「サウジアラビアの多くの業界では、今年末までに2019年の消費水準に回復するでしょう」とガートナーのアナリストはアラブニュースに語った。「例外として、小売業、製造業および卸売業は注視する必要があります。小売業界が新しい現実に適応しさえすれば、IT関連支出は2022年には10.5%という飛躍的な伸びを見せ、2025年まで全業界の中で最高の成長率を維持します。製造業がIT関連への大型投資をするには、長期化する世界経済の回復をさらに待つ必要があり、2019年の水準への回復は2023年まで無いと思われます。」

中東と北アフリカ(MENA)の全域においては、ガートナーは2021年のIT関連支出が合計で1710億ドル、前年比4.5%になると予測している。

「MENAではCOVID-19の影響でITプロジェクトが保留あるいは中止されました。2021年には、この地域の状況が改善され、経済界がレジリエントなデジタルエコシステムの本当の価値を理解することによって、IT支出はパンデミック前の成長率に回復するでしょう」とガートナーのリサーチ・バイス・​プレジデント、ジョン・デイヴィッド・ラブロック氏は記者声明で述べた。

同氏は、「2021年の第1四半期では、’リモートワークビザ’、’スマートドバイ2021’のようなプロジェクトや、その他の経済政策法令が立ち上げられますが、これがこの地域の技術投資を強力に後押しすることが期待されます。」と述べた。

特に人気
オススメ

return to top