Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本の10年国債の利回り、新型コロナ懸念で下落

日本の10年国債の利回り、新型コロナ懸念で下落

20年物の日本国債の利回りは0.5ベーシスポイント上昇して0.465%、30年物の日本国債の利回りは1ベーシスポイント上昇して0.680%となった。(シャッターストック)
20年物の日本国債の利回りは0.5ベーシスポイント上昇して0.465%、30年物の日本国債の利回りは1ベーシスポイント上昇して0.680%となった。(シャッターストック)
Short Url:
22 Nov 2021 07:11:28 GMT9
22 Nov 2021 07:11:28 GMT9

東京:日本の10年国債(JGB)の利回りは22日、ヨーロッパでの新型コロナ規制復活に対する懸念から、安全資産としての債券への需要が下支えされたことで、下落した。

10年物の日本国債の利回りは0.5ベーシスポイント下落して、0.070%となった。

オーストリアが4度目のロックダウンを開始する中、隣国ドイツも同様の措置を講じる可能性があると警鐘を鳴らし、クリスマスマーケットやバー、カフェ、劇場などを閉鎖した。

しかし、ドイツなどの国々の死者数は今のところ増加していないため、コロナ再燃が債券市場に与える影響は限定的なものになると、市場関係者は述べた。

短期債の利回りも下落し、2年物の日本国債の利回りは0.5ベーシスポイント下落してマイナス0.135%、5年物国債の利回りは1ベーシスポイント低下してマイナス0.090%となった。

20年物の日本国債の利回りは0.5ベーシスポイント上昇して0.465%、30年物の日本国債の利回りは1ベーシスポイント上昇して0.680%となった。

また、40年物の日本国債の利回りも1ベーシスポイント上昇し、0.735%となった。

ベンチマークである10年物の日本国債先物は、0.07ポイント上昇し151円69銭となり、売買高総計は11871枚だった。

ロイター

topics
特に人気
オススメ

return to top