Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 鈴鹿での日本GPが3年間延長

鈴鹿での日本GPが3年間延長

2016年10月7日、鈴鹿サーキットで行われたF1日本グランプリの2回目の練習走行で、スクーデリア・フェラーリのドイツ人ドライバー、セバスチャン・ベッテルがマシンを運転する。(AFP)
2016年10月7日、鈴鹿サーキットで行われたF1日本グランプリの2回目の練習走行で、スクーデリア・フェラーリのドイツ人ドライバー、セバスチャン・ベッテルがマシンを運転する。(AFP)
Short Url:
24 Apr 2021 03:04:27 GMT9
24 Apr 2021 03:04:27 GMT9

日本グランプリは、2024年まであと3年間、鈴鹿サーキットで開催されると、レースプロモーターおよびF1の責任者が発表した。

「今回の契約延長は、F1とモビリティランド(サーキットのオーナー)との実りある関係の結果であり、アジアにおけるこのスポーツ発展のための長期的な戦略的コミットメントの一環です」とF1は声明を出した。

「日本には熱心なファンがおり、エキサイティングな若い才能を持った角田裕毅が日本人ドライバーとして2014年以来初めてグリッドについたことで、F1は引き続きプロモーターと協力し、日本でのこのスポーツの人気をさらに高めるよう努力します。」

8の字型の鈴鹿サーキットは、2022年に60周年を迎えるが、1987年以来31回のGPが開催されており、過去11回、ドライバーのワールドチャンピオンがここで決まっている。

AFP

特に人気
オススメ

return to top