Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本の徳仁天皇陛下、御即位から1年

日本の徳仁天皇陛下、御即位から1年

2019年10月22日、東京の皇居における即位の礼で天皇徳仁が正式に皇位継承を宣言する。(AFP)
2019年10月22日、東京の皇居における即位の礼で天皇徳仁が正式に皇位継承を宣言する。(AFP)
2019年10月22日、日本の天皇徳仁(左)と 皇后雅子(右)が東京の皇居における宮廷晩餐会へ向けて出発する (AFP)
2019年10月22日、日本の天皇徳仁(左)と 皇后雅子(右)が東京の皇居における宮廷晩餐会へ向けて出発する (AFP)
Short Url:
22 Oct 2020 01:10:32 GMT9
22 Oct 2020 01:10:32 GMT9

ファリス・ アルルシュッド ―リヤド

10月22日は、徳仁天皇陛下が皇位を継承し正式に日本の天皇に御即位されてから1年の節目にあたる。徳仁天皇陛下は、30年の在位を経て譲位された父・明仁上皇陛下の継承者であり、日本の天皇の譲位は200年ぶりのことであった。

東京の皇居で執り行われた「即位礼正殿の儀」には、各国の首脳や要人など約2000人が参列した。式典に参列した要人の中には、キャリー・ラム香港行政長官、エレイン・チャオ米運輸長官、チャールズ英皇太子、ニコラ・サルコジ元フランス大統領も含まれていた。

また、アラブ諸国の指導者も式典に参列した。サウジアラビア国王からはサルマン・ビン・アブドゥルアジズ国王の代理として国務大臣のトゥルキ・ビン・モハンマド・ビン・ファハド・ビン・アブドゥルアジズ王子、ヨルダン皇太子アル・フセイン・ビン・アブドゥルラフ2世、オマーンのアサアド・ビン・タリク副首相が参列した。

御即位後の2019年11月14日、皇居内の大嘗宮にて徳仁天皇陛下は五穀豊穣を感謝し祈念する大嘗祭を執り行った。この儀式は、皇位の継承があったときは,必ず挙行すべきものとされ,皇室の長い伝統を受け継いだ皇位継承に伴う一世に一度の重要な儀式である。

天皇陛下は通常、勲章親授式や内閣総理大臣(国会の指名)と最高裁判所長官(内閣の指名)を任命される親任式など多くの式典を執り行う。また、天皇陛下のご公務は一般参賀やお茶会、祝賀会、さらには文化施設や社会福祉施設などの定期的な訪問など多岐にわたる。

徳仁天皇陛下は2019年11月下旬にフランシスコ法王と面会した。天皇陛下とローマ教皇との面会は、上皇上皇后両陛下がイタリア訪問中に故ヨハネ・パウロ2世教皇と面会した1993年9月以来であった。

徳仁天皇陛下は今年8月15日に全国戦没者追悼式に参列した。今年日本は終戦75年を迎え、「終戦以来75年,人々のたゆみない努力により,今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが,多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき,誠に感慨深いものがあります。 私たちは今,新型コロナウイルス感染症の感染拡大により,新たな苦難に直面していますが,私たち皆が手を共に携えて,この困難な状況を乗り越え,今後とも,人々の幸せと平和を希求し続けていくことを心から願います。ここに,戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ,過去を顧み,深い反省の上に立って,再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い,戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し,全国民と共に,心から追悼の意を表し,世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。」とおことばを述べられた。この式典は第二次世界大戦で命を落とした戦没者に対し哀悼の意をささげるため毎年開催されている。       

また、天皇陛下は今年9月16日に自民党の菅義偉新総裁を、日本政府の内閣総理大臣に任命する親任式を宮殿 松の間で執り行った。

特に人気
オススメ

return to top