Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • チュニジア、大統領の政権掌握をめぐり国民が抗議のデモ

チュニジア、大統領の政権掌握をめぐり国民が抗議のデモ

2021年9月18日、首都チュニスでの抗議活動中に、カイス・サイード大統領に対するスローガンを叫ぶチュニジアの人々。(AFP)
2021年9月18日、首都チュニスでの抗議活動中に、カイス・サイード大統領に対するスローガンを叫ぶチュニジアの人々。(AFP)
2021年9月18日、首都チュニスでの抗議活動中に、カイス・サイード大統領に対するスローガンを叫ぶチュニジアの人々。(AFP)
2021年9月18日、首都チュニスでの抗議活動中に、カイス・サイード大統領に対するスローガンを叫ぶチュニジアの人々。(AFP)
Short Url:
19 Sep 2021 12:09:42 GMT9
19 Sep 2021 12:09:42 GMT9
  • 首都中心部に集結したデモ参加者たちは、「クーデターを止めろ」、「合法的な政府への回帰を要求する」などと唱えた。
  • この抗議活動は、サイード大統領が7月25日に首相を解任し、行政権の引き継ぎを宣言して以来初めてのものとなる。

チュニス: 18日土曜日、数百人のデモ参加者がチュニジアの首都チュニスに集結し、カイス・サイード大統領による7月の政権掌握に対する抗議活動を行った。同大統領の行動は憲法上の危機をもたらし、クーデターであると告発する声が高まっている。

デモ参加者たちが首都中心部に集結し、「クーデターを止めろ」、「合法的な政府への回帰を要求する」などと唱える一方で、数十人ほどのサイード大統領の支持者たちが「国民は議会の解散を望んでいる」と反論した。

サイード大統領が7月25日に首相を解任し、議会を一時停止して行政権の引き継ぎを宣言して以来、このデモは警察による厳重な警戒下で行われた初めての抗議活動となった。

治安維持当局の指導部の多くが、サイード大統領によって新たに任命されていることから、18日のデモは、大統領への抗議活動に対する治安当局の出方を見極める試金石となったと言えるかもしれない。

警察は、アビブ・ブルギバ通りにある優雅なベルエポック調の劇場の外にある2つの陣営の間に立ち、双方のデモ参加者たちを平等に扱っているように見えた。

サイード大統領の行動は、長年にわたる経済と政治の停滞に苦しんでいた国民から幅広い支持を得たものの、「アラブの春」の発端となった2011年の革命で勝ち取った新しい権利や民主主義体制に対する懸念が高まってきている。

議会第1党であるイスラム穏健派のナフダ党は、当初大統領の行動をクーデターであると非難していたもののすぐにトーンダウンし、サイード大統領が政権を掌握して以来、ずっと冷静である。

しかし8週間経った今も、サイード大統領は首相を任命するのか、それとも現体制を継続するのか意思表示をしていない。

サイード大統領の顧問は、今月ロイターに対して、同大統領は2014年に定められた憲法を一時停止し、新憲法を国民投票にかけることを検討中であると語っており、これにより、7月25日以来最も広範かつ強い反対意見が湧き上がる可能性がある。

その一方で、多くのチュニジア人が海外渡航を差し止められている中、免責特権を失った国会議員の一部には、逮捕者が出ている。

サイード大統領は、クーデターの告発を否定しており、また大統領の支持者たちは、彼の行動は革命で得たものをリセットし、腐敗したエリート層を一掃する機会となっていると述べている。

息子と一緒に抗議活動に参加した大統領支持派のモハメド・スリムさんは、「デモ隊の連中は…腐敗した人々とイスラム主義者を保護するためだけにここにいるのさ」と述べた。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top