Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イスラエル、オミクロン減少を受けてコロナパスポート制度廃止へ

イスラエル、オミクロン減少を受けてコロナパスポート制度廃止へ

新規感染者数は依然として高水準にとどまるが、新型コロナウイルスの重傷者は着実に減少してきている、とイスラエル保健省は伝えた。(ファイル/AFP)
新規感染者数は依然として高水準にとどまるが、新型コロナウイルスの重傷者は着実に減少してきている、とイスラエル保健省は伝えた。(ファイル/AFP)
Short Url:
17 Feb 2022 09:02:48 GMT9
17 Feb 2022 09:02:48 GMT9
  • 新規感染者数は依然として高いものの、イスラエルにおいては2月上旬のオミクロン株ピーク時以来、新型コロナウイルス重症者が着実に減少してきている、と同国の保健省は伝えた

エルサレム:イスラエルでは、新型コロナウイルスの1日あたり新規感染者数が減少傾向にある。そのため、コロナウイルスワクチン接種を証明する「グリーンパス」制度を停止する方針であると同国首相が発表した。

保健当局者との17日の面談後、ナフタリ・ベネット首相はイスラエルにおけるオミクロン株感染拡大の波は「収まりつつあり」、新型コロナウイルス関連規制のさらなる緩和をもうじき行うと述べた。

イスラエルの電子版ワクチン接種証明書であるグリーンパスは、屋内会場への入場や大規模な集いを新型コロナウイルスから回復した感染経験者、もしくは最低3度のワクチン接種を完了している人に限定してきた。

新規感染者数は依然として高水準にとどまるが、イスラエルにおいては2月上旬のオミクロン株ピーク時以来、新型コロナウイルス重傷者が着実に減少してきている、と同国の保健省は伝えた。

イスラエルは昨年、医療データの提供と引き換えにワクチンの安定供給取引をファイザーと結んだ後、先陣を切って成人人口の大半へ予防接種を実施した。2020年後半に免疫付与を開始して以来、同国の人口940万人中およそ48%がファイザーとBioNTech社製ワクチンの3度の投与を受けた。国民の72%以上が、少なくとも1度ワクチンを接種している。

2年前にパンデミックが始まって以来、イスラエルでは少なくとも9,710人が新型コロナウイルスによって死亡している。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top