Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イエメン政府とフーシ派、タイズの道路封鎖解除への合意に関する最終草案を協議

イエメン政府とフーシ派、タイズの道路封鎖解除への合意に関する最終草案を協議

国連のハンス・グルンドベルグ・イエメン担当特使が、タイズおよびその他の県における道路封鎖の解除に向けたヨルダンでの最初の協議を終了する。(ツイッター/@OSE_Yemen)
国連のハンス・グルンドベルグ・イエメン担当特使が、タイズおよびその他の県における道路封鎖の解除に向けたヨルダンでの最初の協議を終了する。(ツイッター/@OSE_Yemen)
Short Url:
29 May 2022 03:05:25 GMT9
29 May 2022 03:05:25 GMT9
  • 25日に始まった今回の話し合いは、国連の仲介で4月2日に発効した停戦の一環だ
  • タイズ県知事は、この話し合いで道路封鎖が解除に至らなかった場合、軍事行動でタイズ包囲網を解くことになると述べた

サイード・アル・バタティ

イエメン、アル・ムッカラー:イエメン政府代表団とフーシ派は、アンマンで28日、タイズおよびその他の県の道路封鎖解除に関する合意文書の最終草案について協議した。

タイズ地域の道路封鎖解除に関する協議は25日に始まったが、これは国連の仲介で4月2日に発効した停戦の一環だ。

協議は27日、フーシ派が、タイズ市とホデイダ、アデン、サヌアなどを結ぶ幹線道路の解除を拒否して狭い山間ルートのみの開放を提案したことから、イエメン政府が交渉の打ち切りを示唆し、決裂寸前となっていた。

タイズ問題のイエメン政府代表団副団長を務めるモハメド・アブドゥラー・アル・マフムーディ少将はアラブニュースに対し、政府側は、幹線道路を開放してタイズの包囲を解除するようフーシ派に要求したと語った。 

「フーシ派は、自分たちの条件を押し付けようとしている」とアル・マフムーディ少将は述べた。

タイズ県のナビル・シャムサン知事は、アンマンでの協議が道路封鎖解除につながらなかった場合、軍事行動でタイズ包囲網を解くことになると述べた

「タイズは現在、オリーブの枝(和解の気持ち)を持っているが、同時に盾と剣も持っている。タイズは今、刻一刻と高まりつつある前代未聞の国家的団結で守られている」と知事はツイートした。

他にも軍事関係者や活動家たちが、軍事力を使って包囲網を解くことを主張している。

「最小コストでタイズ包囲網を解くには、恥ずべきフーシ派を力で一掃するやり方を支持し、軍事力という選択肢に回帰することだ。タイズのみならずイエメン全土にとって、これが最も安全な解決策だ」と活動家のイブラヒム・アブドル・ガデル氏はツイートした。

数十の人権団体、活動家、政府関係者、タイズ住民らが、ハッシュタグ#Siege_of_Taiz_crime(タイズ包囲の犯罪)を使ってSNS上で新たなキャンペーンを立ち上げ、フーシ派に街の道路を開放させるよう世界中に訴えた。

イエメンの人々は、物資や燃料を積載した車が横転している画像を広く拡散した。これはフーシ派が街へ入る幹線道路を封鎖したために、ドライバーが未舗装の急な坂道へ迂回せざるを得なくなったために起きていることだ。

イエメン国連常駐代表代理のマルワン・アリ・ノマン氏は、タイズの包囲を「戦争犯罪」と表現し、終わらせなければならないと述べた。

「#Houthis (フーシ派)が#Yemen(イエメン)の#Taiz(タイズ)を包囲してもう7年以上が経つが、これは人類の汚点だ。今すぐにでも終わらせるべき戦争犯罪だ」とノマン氏はツイートした。

イエメンの人々によると、タイズの住民の多くは狙撃や地雷を恐れ、街を包囲するフーシ派の検問所付近にある自宅から逃げ出したという。

インターネットキャンペーンでは、国際社会に対しても、サナア空港やホデイダ港の開放のときのような積極的な圧力をかけていないとして批判が起きている。

「#Taiz(タイズ)は2015年から#Houthis(フーシ派)に包囲されているが、その間、国際社会が沈黙していたために、この悲劇は大きな注目を集めないままマイナーな問題と化している。不幸にもこの問題は、この戦争を終わらせるための国際的な取り組みがあるときにわずかに議論されるだけだ」とイエメンのニュースキャスターであるモハメド・アル・ダビヤニ氏はツイートした。

特に人気
オススメ

return to top