Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • バイデン氏のサウジアラビア訪問を前に、GCCの再統一を実現

バイデン氏のサウジアラビア訪問を前に、GCCの再統一を実現

2021年9月23日、国連総会の傍聴席に出席したGCC各国の代表者ら。(AFP file)
2021年9月23日、国連総会の傍聴席に出席したGCC各国の代表者ら。(AFP file)
Short Url:
15 Jul 2022 02:07:05 GMT9

ジョー・バイデン米大統領は、かつてないほど地域の結束と連携が強まっているこの時期にジェッダを訪問し、これまであまりにも多くの紛争や対立を経験してきたこの地域で、平和と安定化のための取り組みの新たな前進に希望をもたらしている。

今回の訪問で、米国の最高司令官であるバイデン氏が数年ぶりに、サウジアラビアを中心に中東の主要国のほぼすべてが加盟する湾岸協力会議(GCC)の統一首脳に会見することになった。GCC首脳のほか、ヨルダン、エジプト、イラクの政府首脳も出席する予定だ。

サルマン国王が招集するサミットでは、議題には事欠かないだろう。議題としてはイエメンにおける停戦の延長とイランの代理勢力に対するより強力な政策の構築が急務であり、また、中東和平の取り組みに新たな息吹を吹き込み、イスラエルとアラブ諸国との新たな連携関係を見出すことによって、アブラハム合意の進展につなげる機会も得られるだろう。

問題によっては具体的な進展は難しいかもしれないが、バイデンがGCC全体と会談するということ自体が、可能性の余地を広げている。ほんの数年前までは、この地域を強力かつ一体となった存在として参加させることは不可能だっただろう。

1981年に設立されたGCCは、安全保障問題だけでなく、共同市場、貿易障壁の削減、地域インフラへの投資など、長年に渡って有意義な調整と成果を上げてきた。しかし、「アラブの春」の動乱と混乱を経て、GCCのメンバーは外交政策で意見が分かれた。そして2017年、カタールを巻き込んだGCCの危機(カタール外交危機)で緊張が高まった。

しかし、2021年初頭には、この地域のリーダーたちは意見の相違を乗り越え、湾岸諸国のすべての住民のニーズを優先させるというビジョンに向けて集結することができたのである。サウジアラビアは、UAE、エジプト、バーレーンと協調し、カタールとの国交を復活させた。そして、サルマン国王とムハンマド・ビン・サルマン皇太子、そしてカタール首長のシェイク・タミム・ビン・ハマド・アル・ターニー殿下がリーダーシップと和解の精神を体現したおかげで、トラウマとなった対立を過去のものにすることができたのである。

ほんの数年前までは、この地域を強力かつ一体となった存在として参加させることは不可能だっただろう。

ラビのマーク・シュナイアー

米国にとって、米国の経済および安全保障上の目標を達成するための確実なパートナーを得たことは、経済的にも地政学的にも大きな意味を持つギフトである。また、これらの国々は世界の原油の半分を生産している。これらの国々は、アルカイダやダーイシュなどの国際テロ組織や、イランによる核武装の潜在的な危険性など、同様の脅威に直面している。ロシアのウクライナ侵攻により安全保障とエネルギーのジレンマが生じる中、これらの国々の重要性は増すばかりである。

米国という確固たる同盟国に支えられた湾岸諸国の結束は、個々の部分の総和よりもさらに大きなものとなる。そして、この提携は、特にアメリカの優先事項の範囲を考慮した場合、地域全体にプラスの波及効果をもたらしうるものである。

米国は常にイスラエルの安全保障を最重要視しており、湾岸諸国との協力関係の輪にイスラエルを加える可能性についてなされた一部の地域指導者の発言によって、地域の結束と安全保障の連携のための優れた組織としてのGCCの重要性はさらに高まったと言える。

イスラエルと湾岸諸国をいわば一つ屋根の下に置くことは、アメリカだけでなく、イスラエルと湾岸諸国双方にとっても有益なことである。イスラエルは世界最高水準の防衛力と諜報能力を持つ技術大国だ。イスラエルは、湾岸諸国の防衛を強化し、イランやその他の厄介者によるこの地域の安全保障構造の最も弱い支柱の発見を防ぐのに役立つ。また、統合による経済効果も十分に期待できる。

湾岸諸国には、古い分断を解消するためのモデルが既にある。湾岸危機の最悪の時期に、私は常にカタールと湾岸諸国の両方との強い絆を維持することに重点を置いていた。私にとっては、この地域のすべての国が協力して、違いを乗り越え、共通の機会を捉えた方が良いということは明らかだった。

今、彼らはそうした連携の成果を実感している。アブラハム合意は、現在はUAEとバーレーンに限定されているかもしれないが、この地域全体の政府に平和を促進するアプローチを再考するよう促している。同様に、カタールは年内に、アラビア半島で開催される史上最大のスポーツイベントであるFIFAワールドカップを開催し、世界の注目を浴びることになる。この大会では、地域全体がその喜びを分かち合うことになるだろう。

バイデン大統領のサウジアラビア訪問は、同様に地域の誇りと意義を呼び覚ますものであるべきだ。経済統合と安全保障は最重要課題かもしれないが、平和、寛容、理解の領域を拡大することは決して後回しにすべきではない。彼らは既に内輪では拡大を成し遂げた。今こそ、もっと平和、寛容、理解を大きな視野で考える時である。

  • ラビのマーク・シュナイアー氏は民族理解基金の会長で、著名な多くの湾岸諸国へのアドバイザーとして知られている。
特に人気
オススメ

return to top