Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 北朝鮮の増大する振る舞いで不透明となる東アジアの未来

北朝鮮の増大する振る舞いで不透明となる東アジアの未来

2022年9月30日、北朝鮮・平壌にて、北朝鮮国民に金正恩氏の政策を忠実に守るよう忠告する横断幕。(AFP)
2022年9月30日、北朝鮮・平壌にて、北朝鮮国民に金正恩氏の政策を忠実に守るよう忠告する横断幕。(AFP)
Short Url:
03 Oct 2022 09:10:02 GMT9

北朝鮮の金正恩委員長は先月、同国を核保有国とすると宣言した。それ以来、北朝鮮は国際的な決断を試されている。ロシアによるウクライナ領土の併合で欧州の戦争が激化し始める中、北朝鮮は北西太平洋戦域に影響を与えるような勝手な行動を起こしている。

北朝鮮は、10月10日の与党朝鮮労働党の創建記念日を前に、満身創痍の経済を立て直そうとしている。この日は、北朝鮮にとって大きな目標期日であり、おそらく核兵器計画の目標にもなっている。欧州での戦争の状況を考えると、核実験の可能性とそのタイミングは、現在、多くの当事国が検討している。日本と韓国は、北朝鮮の脅威が高まる中、欧米、特にNATOとの関係強化に向けて署名することで、きめ細やかな態度をとっている。

北朝鮮はここ数日、弾道ミサイルの発射実験を2回行った。これは、過去1年間にわたって既に行われたこのような実験の膨大な件数に追加された。北朝鮮の最新の実験は、カマラ・ハリス米副大統領の韓国訪問、特に非武装地帯への訪問とタイミングを合わせて行われたため、現在は政治的なメッセージの発信が重要になっている。ミサイル実験と台湾海峡上空の中国軍用機の出撃回数の減少の相関関係も関係しているのかもしれない。

しかし、大きなイベントといえば北朝鮮の核実験だろう。韓国の情報機関は先週、隣国である北朝鮮が核実験の準備を完了したと発表した。試験期間は、与党の創建記念日の集会から11月7日までとなっている。北朝鮮による2017年以来の核実験の準備は、2006年以降に6回の地下実験を行った豊渓里(プンゲリ)の核実験場の坑道で完了した。また、10月16日の第20回中国共産党大会(中国は北朝鮮の主要な同盟国である)や11月8日に予定されている米国中間選挙などのイベントによって、実験のタイミングが決定される可能性もある。

北朝鮮は核弾頭を何発持っているのか、という質問が多い。調査によると、同国は45~55個の核兵器を製造するのに十分な核分裂性物質を生産しているが(この物質がすべて兵器製造に使われた場合)、製造したのはそれよりも少ない20~30個ほどである可能性が高い。 その推定によれば、大部分の核弾頭は、2013年と2016年の実験で実証されたものと同様に、10~20キロトンの威力が見込まれる単段式の核分裂兵器であり、熱核弾頭はわずか数個であると考えられる。 こうした統計は、北朝鮮の核実験が、核兵器製造という点では、より大規模な力のサンプルに過ぎないことを意味している。その兵器をミサイル発射装置に搭載できるかどうかは、また別の技術的な問題だ。

北朝鮮の行動に対して近隣諸国がどのように反応するかは重要であり、まったく予想外のことでもない。中国は、貨物列車の運行を再開するなど、北朝鮮との関係を再構築している。中国の国境都市・丹東市と北朝鮮の新義州市を結ぶ貨物列車のルートが先月、再開された。北朝鮮が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行を食い止めるために国境を閉鎖したため、国境を越える路線は2020年から休止していた。

10月の重要な祝日を控え、北朝鮮が経済再建を急いでいることは間違いない。 金正恩氏は、北朝鮮の発展を促すためのインフラ事業を強調しながら、自国を核保有国として見ていることを党員たちに明らかにしている。経済的なつながりを強化するために、国中に「大運河」を建設することも考えられる。さらに北朝鮮は、もう一方の重要なパートナーであるロシアとの間で、貨物列車の運行を再開する計画であり、その関係はますます強まっているように見える。

こうした北朝鮮の動きに対して、アメリカは韓国との合同軍事演習で対抗している。両国は、少なくとも20隻の軍艦と数十機の航空機が参加する4日間の合同演習に参加している。満載排水量約101,000トンの米海軍の空母「ロナルド・レーガン」は、誘導ミサイル搭載の駆逐艦とロサンゼルス級高速攻撃型原子力潜水艦「アナポリス」からなる米国の戦闘群を率いている。空母を使った米韓合同演習は2017年以来で、北朝鮮と北朝鮮の同盟国に重要なメッセージを発信するという意味もある。先週の北朝鮮のミサイル実験も、この演習の活発になるサイクルと連動していた。

中国と北朝鮮は、朝鮮半島と台湾で同時に紛争が発生することの戦略的優位性を認識している。

テオドール・カラシック博士

一方、中国と台湾の間の緊張状態は、北東アジアにおけるさらに大きな戦略的な計算にも影響を及ぼしている。韓国の尹錫悦(ユン・ソギョル)大統領は先週、台湾周辺で紛争が勃発した場合、北朝鮮が韓国に対して攻撃を仕掛けることが想定されると述べた。中国と北朝鮮は、朝鮮半島と台湾で同時に紛争が発生した場合の戦略的優位性と、それが防衛側の諸国にもたらす課題を認識している。

全般的に見れば、北朝鮮が次の核実験を行う場合、その動機は明確である。金正恩委員長は、核兵器とその発射装置の自給自足を国家の原子力政策の主要な推進力とする「チュチェ(主体)」の未来へと自国を導いている。東アジアが中国と台湾、北朝鮮と韓国の二面戦争に陥る可能性は、時間とともに高まるばかりである。北朝鮮や北朝鮮のパートナーに対抗する動きもあるが、先行きは不透明だ。

  • テオドール・カラシック博士は、ワシントンのアラビア湾国家分析機関の上級アドバイザーである。Twitter: @tkarasik
topics
特に人気
オススメ

return to top