Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジの子どもが癌に挑みながら、毎日オンライン授業を継続

サウジの子どもが癌に挑みながら、毎日オンライン授業を継続

タラル・アル・シャラニさん
タラル・アル・シャラニさん
Short Url:
10 Oct 2020 08:10:04 GMT9
10 Oct 2020 08:10:04 GMT9

タレク・アル・タカフィ

メッカ:世界中の子どもたちにとって、ホームスクーリングは一般的なことになったが、小さなタラル・アル・シャラニさんは骨髄の癌と闘っている病院のベッドから、授業に参加している。

サウジアラビア南部のアブハーで、新型コロナウイルスのパンデミックが始まった今から8カ月前、小学3年生のタラルさんは、血液や骨髄を攻撃する慢性リンパ球性白血病(CLL)と診断された。

しかし、片方の手で化学療法を受けている間でさえ、タラルさんは書くために残った手を使っている。ジェッダのキング・アブドゥル・アズィーズ国立警備病院の自分のベッドから、オンライン技術を駆使して、サウジアラビア南部のハミース・ムシャイトにあるクリエイティブ・スクール・オブ・エクセレンスで、タラルさんは授業に参加している。

「彼はクラスメートとコミュニケーションを取ること、治療を受けること、勉強すること、どれをとっても熱心です」と、父親のスルタン・アル・シャラニさんは語った。

「化学療法を受けたからといって、どんな科目においても知識を吸収したいというタラルの意欲が萎えることはありません。以前からずっと白いベッドの上にいるにもかかわらず、学校の授業を欠席することを拒むくらいですから」

タラルの父親が国防省の病院で働いているにもかかわらず、この家族はジェッダに引っ越さざるを得なかった。

タラルは次男だ。タラルはWhatsAppのようなものや、その他のソーシャルメディアのプラットフォームを駆使して、学校、教師、クラスメートと連絡を取ることにも熱心だ、と父親は語った。

この学年度の1学期が終わるまでに、教育省は引き続き遠隔授業の実施を認可した。この認可により、一般教育、大学教育、技術研修でも遠隔授業を受けることができる。

特に人気
オススメ

return to top