Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア全土で178,000人以上がワクチン接種を受ける

サウジアラビア全土で178,000人以上がワクチン接種を受ける

新たに166人の感染者が報告され、感染者の総数は355,548人に達した。(SPA)
新たに166人の感染者が報告され、感染者の総数は355,548人に達した。(SPA)
Short Url:
11 Jan 2021 08:01:05 GMT9
11 Jan 2021 08:01:05 GMT9
  • ワクチンの接種は 「集団免疫を確立する最も強力な方法」

ラワン・ラドワン 

ジッダ:サウジアラビアの保健省は、178,000人以上の居住者が新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のワクチン接種を受けていることを明らかにした後、ワクチン接種キャンペーンが集団免疫を獲得する鍵であると述べた。

保健省の報道官は「サウジアラビアで全ての人にワクチンを提供し、集団免疫を確立することを目指しています」と述べた。「私たちは、これが集団免疫を獲得するための最も強力な方法であり、この見返りに、ウイルスからの最適な保護を提供することになると思っています」

この予防対策の成功の証として、サウジアラビアでの感染者の数は昨年6月中旬にピークに達して以来、着実に減少している。

同省の報道官は土曜日の記者会見で、指標が 「ピーク時から97.6%減少している」 ことを示していると発表した。「これは、COVID-19の感染拡大に対するサウジの制御レベルを反映しています」と同氏は述べた。

同省によると、新たに117人のCOVID-19感染者が報告され、昨年3月のパンデミックの開始以来、感染者数は累計で363,809人に上っている。

現感染者数は2,000人を下回り、1,970人を記録している。そのうちの309人が集中治療室で治療を受けており、昨夏のピークから86.6%減少している。

サウジアラビアの13の地域のうち、二桁の感染者を記録したのは3つの地域だけだった。リヤドが最も多く47人、次にメッカと東部州でそれぞれ22人を記録した。ナジュラーンとアル・ジャウフでそれぞれ1人が報告された。

サウジアラビアでのCOVID-19関連の死亡者数も減少している。日曜日に五人の死者が出たことを受けて、アル・アブド・アル・アリー博士は、昨年夏に記録した最高の死亡率から91.4%減少したと述べた。

新たに166人の感染者が報告され、感染者の総数は355,548人に達した。サウジアラビアでの新型コロナウイルス感染症からの回復率は、97.7%で安定したままだ。

同報道官は、サウジアラビアが感染症を早期に発見し、患者に最高の医療を提供する闘いを行った後、回復率が劇的に上昇したと述べた。

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行が始まって以来、サウジアラビアでは1130万件以上のPCR検査(ポリメラーゼ連鎖反応検査)が実施されており、そのうち28,324件が過去24時間に行われている。

特に人気
オススメ

return to top