Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジの救援センターKSReliefと国連の移住機関がソマリアの栄養問題に関し契約に署名

サウジの救援センターKSReliefと国連の移住機関がソマリアの栄養問題に関し契約に署名

28 Dec 2019
契約の目的には、家族の生活環境を決定する能力の改善が含まれる。(SPA)
契約の目的には、家族の生活環境を決定する能力の改善が含まれる。(SPA)
王立裁判所顧問でありKS Reliefの統括責任者であるアブドゥラ・アル・ラビーア博士が、リアドで契約書に署名した。(SPA)
王立裁判所顧問でありKS Reliefの統括責任者であるアブドゥラ・アル・ラビーア博士が、リアドで契約書に署名した。(SPA)
Short Url:
Updated 28 Dec 2019
28 Dec 2019

リヤド:サルマン国王人道援助支援救援センター(KSRelief)と国際移住機関(IOM)は、ソマリアの栄養改善プロジェクトで共同契約に署名したと、サウジ通信社は伝えた。

ゲドとロワージュバ地域をカバーする共同契約は、168万ドルのコストがかかり、234,310人に利益をもたらすものである。

契約の目的には、家族の生活環境を決定づける能力の改善、栄養失調の子供達の外来診療所への紹介、治療センター向けの栄養物資の購入と提供、100人の健康ならびに栄養スタッフの訓練とカウンセリングの提供が含まれると、KSReliefはツィートした。

王立裁判所顧問でありKS Reliefの統括責任者であるアブドゥラ・アル・ラビーア博士が、リアドで契約書に署名した。

別の進展であるが、機関のボランティア医療チームは、スーダンで2件の大人の心臓切開手術と16件の心臓カテーテル処置を含む18の外科手術を実施した。
木曜日は、ボランティア医療チームのキャンペーンの5日目であった。

心臓病患者を治療し彼らに必要な医療を提供することを目的としたKSReliefが提供するこのキャンペーンは、王国から困窮した国々への人道援助活動の延長として行われているものである。

SPA

topics
Most Popular
Recommended

return to top