Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 「ヌール・リヤド」がサウジアラビアの過去と急速に変化する現在を伝える

「ヌール・リヤド」がサウジアラビアの過去と急速に変化する現在を伝える

この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
この重要なクリエイティブイベントは、幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。(SPA / 提供)
Short Url:
22 Mar 2021 02:03:17 GMT9
22 Mar 2021 02:03:17 GMT9
  • パンデミックに阻まれることなく、このフェスティバルは、海外およびサウジアラビアのアーティストによる60以上のアート作品で首都をライトアップする

レベッカ・アン・プロクター

リヤド:リヤドの街は17日間、王国の首都全体で33以上の照明設備を備えた屋外のアートギャラリーに変わる。

3月18日木曜日、世界的パンデミックのさなか、大規模な光の祭典である「ヌール・リヤド」が、初回を幕開けした。この重要なクリエイティブイベントは、60人以上の海外およびサウジアラビアの参加アーティストの作品を通じ、好例となる幅広い芸術性だけでなく、より大きなクリエイティブ経済への王国の活動開始を祝すことを目的とする。

リヤドの高名なディプロマティック地区にある「Cultural Palace」の敷地内には、唯一の期間限定コーヒーショップがある。サウジアラビアで典型的な人気の趣味だといえる。しかし、この独特のコーヒーバーは何かが異なる。ショップの外観を詩的なアラビア語のフレーズが覆い、柔らかい光で照らされている。英語に訳すと、こう書いてある。“I am the one coming from the dreamy city. What should I write?”(「私は夢のような街から来た者だ。何を書くべきなのか?」)

『Ricochet』という題のこのポップアップは、フェスティバル第一回の最年少アーティスト、ノジュード・アル・スダイリ氏によるライト・アート作品であり、アラビアの詩を用いて公共空間に語りかける。来場者がコーヒーカップを手に取ると、カップ自体が“In your land, generosity, always”(「あなたの土地で、常に寛大さを」)や“I have no other place.”(「私には他の場所はない」)など詩的なフレーズで覆われている。アル・スダイリ氏の遂行的な建築インスタレーションには、現在と都市生活へのパンデミックの影響が根深くある。

リヤドの外出制限中に、26歳のアル・スダイリ氏は、日本の詩的形式である俳句を収集し、リヤドの住民が自分たちの街に書いた手紙からのフレーズを分解した。『Ricochet』から加えられた明るい光の看板が街周辺で見られ、リヤドの折衷的な都市景観全体にアート作品が広がる。

「私の作品は、パンデミックの中、リヤドの住民が外出制限中に自分たちの街とどのように交流したかという研究プロジェクトとして始まった」とアル・スダイリ氏は述べた。私は知人たちに、窓越しにどのように街を眺めているのか短いフレーズを送るよう依頼し始めた。これにより、街周辺の看板を通して文学をプロジェクトに組み込むというアイデアが生まれた。

「その結果、リヤドの看板がどのように街のインターフェースになりつつあるかについて視覚的エッセイが生まれた。夜にリヤドの街をドライブすると、街が抽象的な詩の一端を形成する言葉と文章という電気的風景の体験の場となったことがわかる。」

4月3日まで、リヤド市は大規模な照明設備で照らされた屋外ギャラリーに変わる。展覧会のサウジアラビアのキュレーターであるラニーム・ファルシ氏が指摘するように、展覧会をダイナミックにするのは、「『ヌール・リヤド』には多数のサウジアラビア人アーティストが含まれ、その多くは展覧会のため特別に作品を作るよう依頼された」という点だ。

音楽、彫刻、パフォーマンスなど、さまざまな媒体を網羅するアートワークは、キング・アブドゥルアジズ・ヒストリカルセンターとキング・アブドラ・ファイナンシャル地区の2つの主要エリアにあり、来場者は「ライト・アポン・ライト」も見ることができる。これは1960年代から現在までのライト・アート展で6月12日まで開催される。

世界のアートコミュニティはアート作品をバーチャルにて閲覧しなければならないが、サウジアラビア人はすでに記録的人数が会場に集っている。

「『ビジョン2030』の最重要側面の1つは、われわれが成長させたいサウジアラビアのクリエイティブ経済の繁栄だ。これは、プログラムとしての『ヌール・リヤド』のハイライトの1つである」とリヤド市の王立委員会顧問であるアナス・ナジミ氏がアラブニュースに語った。「パンデミックのあらゆる困難にもかかわらず、たった1日で15,000人の来場者に体験してもらうことができた。2つ目は、『ヌール・リヤド』フェスティバルの一環として1,200以上の雇用が創出され、その半分はサウジアラビア人の雇用であることだ。」

フェスティバルの目的の1つは、キングファハド国立図書館、ディプロマティック地区、ディリヤドの工業地帯JAXなど、あまり頻繁に訪れることのないリヤドのサイトに来場者を引き付けることだ。

本展「ライト・アポン・ライト」では、ウルス・フィッシャーや草間彌生などの現代アート界のスーパースターと並び、ダン・フレイヴィン、ジェームズ・タレル、ルーチョ・フォンタナ、フリオ・レ・パルク、ロバート・アーウィンなど、このムーブメントの主要な海外アーティストの作品を展示し、ライト・アートの歴史の完全な概観を展示する。また、サウジアラビアの最も著名な新興および大御所アーティストの作品も紹介されている:ナセル・アルサレム、マナル・アルドワヤン、ラッシュド・アルシャシャイ、スルタン・ビン・ファハド、ダナ・アワルタニ、マハ・マル、アイマン・ヨスリ・デイドバン、アーメド・メーター、アフマド・アンガウィ、アブドラ・アル・オスマン、サラ・アブ・アブダラ、モハメッド・アルファラジ。

「私の理解では、王国では初めてライト・アートが展示され、それだけでも重要である」とキュレーターのスーザン・デイビッドソン氏がアラブニュースに語った。「また重要なのは、サウジアラビアの人々に与える影響だ。アートにはさまざまな形があり、生活に一定の幸福と喜びを与え得る。これは、特にリヤドを格別に有望で住みやすい都市にするという点で『ビジョン2030』と非常に協調する。」

サウジのアーティストによるライト・アート作品は、概念的形態を通してサウジの古代と現在の両方を紹介する。たとえば、スルタン・ビン・ファハド氏の『Once Was A Ruler』(2019)は、氏が撮影した古代アラビア王国リヒャンの君主の古代彫刻の写真を自分の身体のX線写真と融合した一連の合成写真である。アブドラ・アル・オスマンの『Casino Al-Riyadh』(2021)は、リヤド市の独特の構造を模倣し、街中の照明看板からインスピレーションを得たネオンカラーの看板という形態を用いる。また、これは以前のリヤドの集いの場も意味する。

おそらく、ライトアートを介した新旧サウジアラビアの最も力強い融合は、ロバート・ウィルソンの作品『Palace of Light』(2021)に見られる。作品は2つの部分で構成される:ディルイーヤの歴史的地区であり、1766年にさかのぼるサウド王朝の最初の首都アット・トゥライフの風景を飾る複数の遂行的な光のエレメント。そして、光のパフォーマンスが行われると、ディルイーヤの泥レンガ構造の曲がった縁に動く波の投影画像が被さり、宮殿前に置かれた大きな銅皿が、海から昇っているように見える。

感情に訴えるパフォーマンスはすぐに人の心を奪い、ソーシャルメディア・プラットフォームで広く共有され、世界が「ヌール・リヤド」の輝きを体験した。デビッドソン氏が述べたとおり、「アートの世界では、うわさで多くのことが起こる。この記念碑的展覧会に来場できなかった人でも、知ることができるのだ。」

特に人気
オススメ

return to top