Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • クウェート石油公社は公的資金を維持しようとしていると、CEOは話す

クウェート石油公社は公的資金を維持しようとしていると、CEOは話す

26 Jul 2020
クウェート政府は3月、エネルギー部門の運営経費を削減すると発表した。上は、Shuaiba石油精製所である(AFP file photo)。
クウェート政府は3月、エネルギー部門の運営経費を削減すると発表した。上は、Shuaiba石油精製所である(AFP file photo)。
Short Url:
Updated 26 Jul 2020
26 Jul 2020

Arab News

  • クウェート政府は、エネルギー部門の運営経費を前もって削減した

ドバイ:コロナウイルスによるパンデミックがもたらした経済的影響に対処するために、クウェート石油公社(KPC)は、公的資金を維持しようとしている。緊縮措置を適用し、支出を削減し始めた後で、KPCのCEOが語った。

国営ニュース会社のKUNAの報じたところによると、Hashem Hashemは声明で、KPCが国内外のすべての監視団体に細心の注意を払ってきたと述べた。

Hashemによると、KPCが取り組んでいるのは、「クウェートの利益に貢献するという、共通の目標を達成するために、議会と全面的に協力して監視の役割を担う原則に従うことである」

3月には、コロナウイルスの蔓延により原油価格が急落したため、クウェート政府はエネルギー部門の運営経費を削減することを発表した。

Hashemは以前の報告で、KPCとその子会社は「会社が安全かつ連続的に運営されることを確実にしながらも、2020年から2021年の会計年度では、優先順位を見直し、合理的な支出を行う」と述べた。

KPCの経費削減策には、下請け業者に加えて、クウェート人でない終身雇用者や民間雇用者を解雇することが含まれている。

KPCの子会社であるクウェート国営石油会社も同様に、2021年までに運用が開始するはずだった、1.5ギガワットのAl-Dabdaba太陽光コンビナートを建設する計画を放棄した。

アハマディ市庁舎建設プロジェクトも、「非戦略的プロジェクト」とみなされて、取りやめになった。

topics
Most Popular
Recommended

return to top