Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • UAE中央銀行 国内銀行対する流動性措置をさらに緩和

UAE中央銀行 国内銀行対する流動性措置をさらに緩和

アラブ首長国連邦政府は3月、コロナ禍の影響を受けた企業や個人を支援するため、6,970万7,000ドル(約6億9,700万円)の「対象設定型経済支援スキーム」を開始した。(AFP)
アラブ首長国連邦政府は3月、コロナ禍の影響を受けた企業や個人を支援するため、6,970万7,000ドル(約6億9,700万円)の「対象設定型経済支援スキーム」を開始した。(AFP)
Short Url:
10 Aug 2020 12:08:52 GMT9
10 Aug 2020 12:08:52 GMT9

アラブニュース

ドバイ:アラブ首長国連邦の金融当局は、コロナ禍の影響を受けた企業や個人に融資するための資金をより多く確保するため、国内銀行に対する流動性対策をさらに緩和した。

アラブ首長国連邦政府は3月に697億700万ドルのTESS(対象設定型経済支援スキーム)を開始したが、その中には中央銀行が国内で営業する全ての銀行に対しゼロコストで有担保融資を行う136億1500万ドルが含まれている。

金融当局は「2つのプルデンシャル比率の既存のしきい値を見直す」としている。UAE中央銀行の声明によると、「銀行の構造的流動性に対する要件を一時的に緩和することにより、安定的資金調達比率(NSFR)と安定的資源供給比率(ASRR)を改善する」と、国営通信社『WAM』が報じた。

声明によると、今回の措置は、国内銀行がTESSの実施を強化し、コロナ禍の影響を受けた顧客に対する支援を奨励する追加的な措置である。

UAE の大手銀行 5 社に義務付けられている NSFR について、銀行は 100%を下回ることは許されているものの、90%を下回ることは許されていない。一方ASRRについては100%を上回ることできるものの、110%以上となることはできない。

これらの比率の目的は、長期資産が安定した原資により資金供給されることを確保することであり、今回の比率緩和は、銀行が財務状況をより柔軟に管理することを意味する。

UAE中央銀行のアブドゥルハミド・M・サイード総裁は、「2つの構造的流動性比率の緩和は、銀行から経済への資金の流れをさらに促進することを目的としている」と述べた。

「NSFRとASRRの一時的な緩和は、UAE中央銀行が民間企業、中小企業、個人へのコロナ禍の影響を緩和するためにTESSの下で実施してきた他の措置を補完するものである。」

UAE国内の銀行は、7月時点で中央銀行が提供した500億ドルのTESS支援の約87.2%(118億7,200万ドル)をすでに活用しており、9,527社の中小企業と260,600人以上の個人がこの経済支援スキームによる恩恵を受けている。

特に人気
オススメ

return to top