Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • NTT、ドコモを完全子会社化へ=携帯値下げへ経営効率化―4兆円でTOB

NTT、ドコモを完全子会社化へ=携帯値下げへ経営効率化―4兆円でTOB

日本電信電話株式会社(NTT)が携帯キャリア子会社のNTTドコモを4兆円規模で完全買収することを検討中 (Shutterstock)
日本電信電話株式会社(NTT)が携帯キャリア子会社のNTTドコモを4兆円規模で完全買収することを検討中 (Shutterstock)
Short Url:
29 Sep 2020 03:09:22 GMT9
29 Sep 2020 03:09:22 GMT9

NTTが上場子会社のNTTドコモを完全子会社化する方向で検討していることが29日、分かった。TOB(株式公開買い付け)を通じ、一般株主が持つ約3割の株式を4兆円前後で取得するとみられる。経営効率化により、菅義偉首相が掲げる携帯電話料金の引き下げに対応するとともに、次世代通信規格「5G」などへの投資を強化する。近く発表する見通し。 

 NTTはドコモ株式の6割強を保有。TOBは実際の株価の3割程度を上乗せして行われることが多く、単純計算で取得額は4兆円前後となる。

 政府は1992年、通信市場の公正な競争を確保するため、NTTに携帯電話事業を担うドコモを分社化させた。その後、ドコモは98年に東証1部に上場。今回TOBが成立すればドコモは上場廃止となる。NTTはドコモを取り込むことでグループの収益性を高め、コスト削減を進める。

 NTTは今年に入り、トヨタ自動車やNECとの資本提携を発表。ドコモの完全子会社化により、国際的に出遅れている5GインフラやIoT(モノのインターネット)などへの投資を加速させ、海外勢に対抗する狙いもあるとみられる。

JIJI Press

topics
特に人気
オススメ

return to top