Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本の家計支出、実質賃金はコロナによる減少を維持

日本の家計支出、実質賃金はコロナによる減少を維持

日本の家計支出、8月までに11ヶ月連続で減少。(AFP通信)
日本の家計支出、8月までに11ヶ月連続で減少。(AFP通信)
Short Url:
09 Oct 2020 06:10:49 GMT9
09 Oct 2020 06:10:49 GMT9

日本の家計支出は8月までに11ヶ月連続で落ち込んでおり、実質賃金は半年間の減少を記録している。消費者がパンデミック以前の購買習慣に戻るのに苦戦したことが原因とみられる。

アナリストは、コロナウイルスによる景気低迷から景気が回復していると見ているが、支出と賃金の数字が弱いことは、菅義偉新首相が経済再生に取り組む際に直面する課題を浮き彫りにしている。

8月の家計支出は前年比6.9%減少し、金曜に示された政府のデータはロイター世論調査の予想中央値と一致した。

全国規模の休業要請のもとでウイルス感染を防ぐために人々が家にこもっていた5月に記録的な16.2%に達した後、減少のペースは鈍化した。

政府は今年5月下旬に緊急措置を解除し、ビジネス活動は徐々に再開されている。

前月と比較して、家計支出は7月の6.5%の減少の後、8月に1.7%増加した。

金曜日の別のデータによると、8月のインフレ調整後の実質賃金は、残業の大幅な減少を反映して、6か月連続で前年比1.4%下落した。

コロナウイルスが世界的な需要を揺るがし、パンデミック前のレベルの活動が回復するまでには時間がかかるとアナリストが述べたため、経済は6月四半期にさらに深刻な景気後退に陥った。

ロイター通信

特に人気
オススメ

return to top