Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 米国市場の上昇を受け、東京株式市場は上昇して取引を終える

米国市場の上昇を受け、東京株式市場は上昇して取引を終える

ブローカーによると、米国株が上昇したことで市場心理が維持される中、投資家は2日間の下落に続く取引開始後の下落に対し買いを入れたという。(AFP通信)
ブローカーによると、米国株が上昇したことで市場心理が維持される中、投資家は2日間の下落に続く取引開始後の下落に対し買いを入れたという。(AFP通信)
Short Url:
13 Oct 2020 08:10:19 GMT9
13 Oct 2020 08:10:19 GMT9

東京:火曜日の東京株式市場は、NY市場での上昇に続き、低調な取引で小幅な上昇となった。日本の企業決算シーズンを前に投資家は積極的な取引を行わなかった。

基準となる日経平均株価は0.18%(43.09ポイント)上昇して2万3,601.78円、より幅広い指標のTOPIXは0.35%(5.75ポイント)上昇して1,649.10となった。

ブローカーによると、米国株が上昇したことで市場心理が維持される中、投資家は2日間の下落に続く取引開始後の下落に対し買いを入れたという。

岩井コスモ証券の堀内敏一氏は、「しかし日本の主要企業が間もなく中間決算発表を開始するため、投資家は慎重な姿勢を崩していません」と述べた。

また、ジョンソン・エンド・ジョンソンがCOVID-19ワクチンの臨床試験中に、被験者の1人が病気になったため一時的に治験を中止したというニュースを受けて、序盤の上昇幅は縮小した。

ドル円は、月曜日のニューヨークで1ドル105.32円となったのに対し、アジアの午後の取引で1ドル105.37円となった。

東京市場で値上がりした銘柄のうち、日本航空は3.03%高の2,089.5円(19.8ドル)、ライバルの全日空は1.58%高の2,503円(23.72ドル)で、フライト需要の回復が期待されていた。

また、産業用ロボットメーカーのファナックがNY市場のハイテク株の上昇を受けて4.23%高の20,925円(198.32ドル)まで上昇する中、ソニーは1.82%高の7,910円(75ドル)となった。

AFP通信

特に人気
オススメ

return to top