Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本のGDP、第3四半期は5.0%増加で不況から脱却

日本のGDP、第3四半期は5.0%増加で不況から脱却

2020年11月16日月曜日、新型コロナウイルスの感染予防のマスクをし、都内の証券会社で日経平均を示す電子掲示板を見る男性。金曜日にS&P500が新たに高値を付けたことを受け、株価は堅調にスタート。新型コロナウイルス感染者数の記録が更新されても、日本と中国の強い数字を受け、経済回復に対する楽観的な見方が強まる。(AP 写真/Eugene Hoshiko)
2020年11月16日月曜日、新型コロナウイルスの感染予防のマスクをし、都内の証券会社で日経平均を示す電子掲示板を見る男性。金曜日にS&P500が新たに高値を付けたことを受け、株価は堅調にスタート。新型コロナウイルス感染者数の記録が更新されても、日本と中国の強い数字を受け、経済回復に対する楽観的な見方が強まる。(AP 写真/Eugene Hoshiko)
Short Url:
16 Nov 2020 01:11:09 GMT9
16 Nov 2020 01:11:09 GMT9

東京:月曜日に政府が発表した情報によると、日本経済は記録的な縮小の後、第3四半期に不況から脱し、予想を上回る5.0%の成長を遂げた。

今年の初め、新型コロナウイルスの感染拡大と消費税の引き上げにより経済は後退したが、国内需要と輸出の増加が四半期ごとの成長を後押しした。

これは、世界第3位の経済大国の経済活動が4分の3に縮小して以降のプラスの数字となった。修正データによると、第2四半期の経済は、当初の推定7.9%を上回り8.2%縮小した。

これは、比較可能なデータが利用可能な1980年以来、日本にとって最悪の数字であり、世界金融危機による厳しい打撃を受けた2008年さえも上回った。

第3四半期の成長は、新型コロナウイルスの蔓延防止と経済の保護のバランスをとろうとし、他国で見られる厳しいロックダウン措置を免れた日本政府にとっては喜ばしいニュースとなるだろう。

この結果はまた、4.4%の成長というエコノミストらの予想を上回り、アナリストらは、この回復は今年の最終四半期まで続く可能性が高いと話す。

三井住友トラストのシニアエコノミストである押久保直也氏は、「7月から9月にかけて、政府が非常事態宣言を解除したことで、日本の経済活動はやや正常な状態に戻った」と話す。

押久保氏は、「今後、次の四半期のGDPは、ペースは遅いものの、引き続き回復の兆しを見せると考えている」と、情報が公式発表される前に綴った。
「主に、海外での新型コロナウイルス第2波の影響で、繰延需要は低下するだろう」と彼は付け加えました。

日本は感染が拡大する以前から、経済の停滞と昨年実施された消費税引き上げの影響に苦しんでいた。

被害が最も大きかった国と比較し、新型コロナウイルスの感染症例は少なく、感染者数は120,000人に近づき、死者数は2,000人をわずかに下回っている。

しかし、菅義偉首相は先週、最近の感染者数の増加について警告を発したが、国内観光を促進する政府のキャンペーンは今のところ停止しないと話した。

日本は4月に感染者数が急増したため、全国で緊急事態宣言を出したが、規制は多くの国と比べ非常に緩く、事業の閉鎖や人々の自宅待機を強制する仕組みはなかった。

緊急事態宣言は6月に解除され、政府は再び制限をかけることに消極的だ。
菅首相は先週、経済が感染拡大を乗り切れるよう、新たな経済刺激策を作成するよう大臣らに指示した。

政府は今年初め、国内のすべての大人と子供に対し、刺激策として約900ドルの資金を送るなど、巨額の支出をした。

キャピタル・エコノミクスの日本エコノミストであるTom Learmouth氏は、刺激策の効果は最新の数字から明らかであり、公共支出は前四半期比で2.2%増加したと話した。

「今四半期のGDPは前四半期比でさらに1.2%回復し、来年の後半にはコロナ前のレベルに達すると予想しているが、消費税引き上げ前のレベルには達しないだろう」と彼は綴った。

「現在、現実に到来している新型コロナウイルス第3波は下振れリスクだが、現在の想定では、経済活動に最小限の制限を課すことで、第2波同様に封じ込められると考えている」と彼は付け加えた。

日本銀行は10月、今年度の経済成長とインフレ予想を引き下げたが、総裁は、当局は必要に応じて新たな支援策を発表する用意があると話した。

日銀は、2021年3月までの1年間で、経済は5.5%縮小すると予想している。7月の推計では4.7%の縮小とされていた。

AFP

topics
特に人気
オススメ

return to top