Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • アラムコが純利益217億ドルで予想を上回る

アラムコが純利益217億ドルで予想を上回る

Short Url:
05 May 2021 03:05:45 GMT9
05 May 2021 03:05:45 GMT9
  • 王国のエネルギー大手は、第1四半期の結果は、経営の柔軟性、財務の敏捷性によるものだと述べた
  • 石油価格は年初から3分の1以上上昇し、四半期のアラムコの収益を即座に押し上げた

フランク・ケイン

ドバイ:世界最大手の石油会社であるサウジアラムコは、世界的なエネルギーの見通しが改善したため、専門家の期待を上回り、2021年の第1四半期に217億ドルの利益をあげた。

最初の3か月の純利益は、パンデミックが世界の石油需要に影響を及ぼし始めたばかりの昨年よりも30%高かった。アラムコの利益が大幅に増加したのも、精製と化学薬品のマージンが高かったためである。

アラムコの社長兼最高経営責任者であるアミン・ナセル氏は、次のように述べた。「世界的な景気回復によってもたらされた勢いがエネルギー市場を強化し、アラムコの経営の柔軟性、財務の敏捷性、および従業員の回復力が、第1四半期の好業績に貢献した」。

アラムコは、2019年後半の記録的な新規株式公開時に決めた公約に縛られ、四半期に約188億ドルの多額の配当を支払った。「弊社は顧客に選ばれるサプライヤーであり続け、株主には特別な四半期配当を提供し続ける」とナセル氏は付け加えた。

当四半期の配当金支払は、183億ドルの純現金収支でほぼカバーされたが、アラムコのギアリング比率(資産と比較した債務の指標)は23%で変わらなかった。

多くの石油会社がパンデミックによる不況の間に劇的に削減した設備投資は、今年に入ってからの3か月で82億ドルに達した。

ナセル氏は、世界経済がパンデミック不況の被害から回復しているため、世界の石油需要の見通しに前向きであった。

「2021年のエネルギー需要の前向きな兆候を考えると、状況が良くなると楽観視する理由が他にもある。逆風はまだ残るが、経済が回復し始めており、世界の増大するエネルギー需要に対応できる態勢が整っている。」とナセル氏は述べた。

石油価格は年初から3分の1以上上昇し、四半期のアラムコの収益を即座に押し上げたが、これはサウジアラビアによる追加の自主的削減に支えられたOPECプラスの大幅な生産削減によってある程度相殺された。

石油の世界的指標であるブレント原油は、国際市場で再び状況が回復し、1バレル68ドルの水準を上回った。

状況が良くなると楽観的になる理由は他にもある。逆風はまだ残っているが、経済が回復し始めており、世界の増大するエネルギー需要に対応できる態勢が整っている。

アミン・ナセル、アラムコCEO

同社はまた、パイプライン事業からの収益を証券化するため、国際投資家との数十億ドルの取引で収益源多様化に向けて大きな一歩を踏み出した。また、ナセル氏は将来さらにこのような取引があるだろうと示唆した。「弊社は当四半期中に戦略目標に向けてさらに前進した。ポートフォリオ最適化プログラムは、画期的な124億ドルのパイプライン・インフラストラクチャ取引の最近の発表など、価値創造の機会を引き続き証明している」と氏は述べた。

氏はまた、民間部門の提携と投資を奨励しようとする王国の新たなShareekイニシアチブの成長機会を望んでいる。

タダウル証券取引所に上場しているアラムコ株は、最近の幅の上限に近いSR35.65($ 9.51)で取引を終えた。一部のアナリストは、第1四半期の純利益が約190億ドルになると予想していた。Qamar Energy consultancyの最高経営責任者である石油専門家のロビン・ミルズ氏はアラブニュースに次のように語った。「これは予想を上回り、非常に堅実な結果であり、大きな驚きはない。フリーキャッシュフローが配当をほぼカバーしており、ボリュームが回復するにつれて第2四半期にカバーする可能性がある。」

第1四半期の平均総炭化水素生産量は1日あたり1150万バレルで、これには1日あたり860万バレルの原油が含まれる。

アラムコはまた、国際的な環境ガイドラインに沿って砂漠化を緩和し、炭素を吸収し、固有の生物多様性を強化するイニシアチブで100万本の木を植えるという目標達成のため、第1四半期に50万本を植樹したと発表した。

特に人気
オススメ

return to top