Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • アミン・ナーセル氏が、再生可能エネルギー、化学品、石油・ガス計画について話す—アラムコ決算

アミン・ナーセル氏が、再生可能エネルギー、化学品、石油・ガス計画について話す—アラムコ決算

サウジアラムコは、より多くの収益を得るためにガスと化学品に大きな期待を寄せている(Getty Images)
サウジアラムコは、より多くの収益を得るためにガスと化学品に大きな期待を寄せている(Getty Images)
Short Url:
21 Mar 2022 10:03:54 GMT9
21 Mar 2022 10:03:54 GMT9

ワエル・マフディ

リヤド:サウジアラムコは、より収益を上げ、世界のエネルギー安全保障を強化するために、ガスと化学品に大きな期待を寄せている、とアミン・ナセルCEOは2021年の決算発表後の記者会見で記者団に語った。

同社の計画に関する会見の主な内容は以下の通り。

  • 石油はこれからもアラムコの事業の主要な原動力であり続けるが、同社は政府からの厳しい指示のもとで経営されている。エネルギー省から毎月の割り当てを受け、石油輸出国機構(OPEC+)との合意に基づいて生産量を決定している。
  • OPEC+は毎月、日量40万バレルの増産を発表しており、石油による成長が期待される。
  • つまり、生産量は増加し、原油価格は上昇している。
  • 再生可能エネルギーも長期的成長分野であり、アラムコは、2030年までにサウジの全発電量に対する再生可能エネルギーの寄与が約12GWになると予想している。
  • また、アラムコでは、効率性の向上により、下流部門の資産からのマージンも上がっている。
  • SABICのマージンも高くなっており、これはアラムコの連結バランスシートによく反映されている。
  • つまり、下流部門では、アラムコのマージンとSABICが大きな収益の源泉となっている。
  • また、ガスはアラムコの拡大分野であり、今後10年間で生産能力が50%以上増加する予定だ。
  • ガスの問題点は、国内で販売されることだが、その結果、国内で燃焼される石油が減少し、アラムコはより金銭的価値の高い原油を輸出に回せるようになる。
  • このガスの生産拡大により、基本的に日量100万バレル近くを海外に販売できるようになる。
  • ガスには、NGLやエタンも多く含まれる。
  • また、これはより多くの原料を供給することで、アラムコの化学事業拡大にも利用できる。
  • 化学事業もアラムコにとって大きな成長分野であり、最大で日量400万バレルの石油から化学品へのプロジェクトを計画している。
  • アラムコは、中国で合弁事業を一つ発表しており、現在、シノペックやアジアの他の企業と多くの案件で協働している。
  • これらの案件はすべて、主に石油から化学品への転換率が50パーセントを超える高度統合コンビナートだ。
  • 「これは私たちにとって大きな成長機会であり、長期的に原油の割り当てを確保すると同時に、石油から化学品への転換を進めることでより高い価値を生み出すことができます。また、排出量の減少も後押しします」
特に人気
オススメ

return to top