Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビア、NEOMのトロヘナでの2029年アジア冬季競技大会立候補

サウジアラビア、NEOMのトロヘナでの2029年アジア冬季競技大会立候補

Short Url:
04 Aug 2022 12:08:19 GMT9
04 Aug 2022 12:08:19 GMT9
  • NEOMの山岳地帯であるトロヘナは、2026年に完成予定で、年間を通じて屋外スキーやアドベンチャースポーツを提供する予定だ
  • サウジアラビアの招致が成功すれば、西アジアで大会を開催する初めての国となる

アラブニュース

リヤド:サウジアラビアは、NEOMのトロヘナでの2029年アジア冬季競技大会(AWG)開催に向け正式な立候補を行ったと、サウジ国営通信が水曜日に報じた。

アジア・オリンピック評議会(OCA)への関心表明書には、32カ国以上の参加が予想されるアジアで最も重要なスポーツ・イベントのトロヘナでの開催を支援するサウジ・ビジョン2030の概要が含まれている。

NEOMの山岳地帯であるトロヘナは、2026年に完成予定で、年間を通じて屋外スキーやアドベンチャースポーツを提供する予定だ。

サウジアラビアの招致が成功すれば、西アジアで大会を開催する初めての国となる。

サウジアラビアオリンピック・パラリンピック委員会会長のアブドルアジーズ・ビン・トゥルキ・アル・ファイサル王子は、次のように述べた。「我々の賢明な指導者による寛大で前例のない、先見性のある支援により、サウジアラビアの中心部に最もエキサイティングなスポーツイベントを誘致することになりました」

「AWG開催への立候補は、サウジが享受している地理的、環境的多様性と自然の豊かさを提供し、より幅広いアジア・オリンピックの仲間と共有しようとするものです。2029年、トロヘナで比類ない体験を祝うことを目指して、ウィンタースポーツ愛好家の皆様をお迎えすることにとてもわくわくしています」と述べた。

OCAの役員会は、総会が開催される前の10月にカンボジアで会合を開く予定だ。総会では、AWGの開催権に関する決定が行われる。

サウジアラビアは、NEOMのトロヘナでの2029年アジア冬季競技大会開催に向け正式な立候補を行った。(SPA)

 

特に人気
オススメ

return to top