Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • リヤドで科学と哲学に焦点を当てた会議を開催

リヤドで科学と哲学に焦点を当てた会議を開催

(Shutterstock)
(Shutterstock)
Short Url:
30 Sep 2022 03:09:11 GMT9
30 Sep 2022 03:09:11 GMT9

アラブニュース

リヤド:サウジアラビアは、リヤドで科学と哲学の融合を探求する会議を開催する。

今回で2回目となるこの会議は、サウジアラビアの文学・出版・翻訳委員会が主催し、12月1日から3日までサウジアラビアの首都にあるキング・ファハド国立図書館で開催される。

科学と哲学の融合を目指し、「知と探究:空間、時間、そして人類」というテーマが選ばれたと、主催者は29日に発表した。

哲学者、科学者、芸術家が出席し、現代の存在空間、現代科学の状況、探求における正義と倫理といったテーマについて議論する。また、宇宙外交や気候変動・環境危機の複雑さについて、これらの問題が人類の未来をどのように形成していくかを評価しながら、議論されることが期待される。

3日間にわたって開催される会議では、講演、パネルディスカッション、セミナー、ワークショップが行われる。会場では、子ども向けの哲学スペースや、2つのパラレル・アクティベーションが用意される予定だ。

また、主催者は論文募集を行い、世界中の研究者にこれらのテーマやその他のサブテーマに関する論文の投稿を呼びかけている。

文学・出版・翻訳委員会の最高経営責任者(CEO)であるモハメッド・ハッサン・アルワン氏は、次のように述べている。「昨年の画期的な会議は、サウジアラビアを哲学界の世界地図に載せることに成功し、同国を哲学対話の地域的中心地として確立することができました」

「第2回リヤド哲学会議の開催を発表できることを嬉しく思います。この会議では、さまざまな地域から一流の哲学者や教育機関などが集まり、現代の重要な問題について討論し、異文化間対話、国際対話、学際的対話の活性化に役立つでしょう」

このイベントの講演者は、会議の開催日近くに発表される予定だ。

特に人気
オススメ

return to top