Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 独占記事:サウジの観光大臣がアルコールについて語り、王国で観光客のビーチウェア着用を許可

独占記事:サウジの観光大臣がアルコールについて語り、王国で観光客のビーチウェア着用を許可

『フランクリースピーキング』の最新の放映分の中で、サウジアラビアの観光遺跡庁のアフマド・アル・ハティーブ長官が、アラブニュースのフランク・ケイン氏に、世界でトップクラスの観光旅行地の1つになる、という王国の野心的な計画について語った。
『フランクリースピーキング』の最新の放映分の中で、サウジアラビアの観光遺跡庁のアフマド・アル・ハティーブ長官が、アラブニュースのフランク・ケイン氏に、世界でトップクラスの観光旅行地の1つになる、という王国の野心的な計画について語った。
Short Url:
23 Dec 2020 12:12:42 GMT9
23 Dec 2020 12:12:42 GMT9
  • アル・ハティーブ長官は、2030年までに1億人の訪問者を獲得するという王国の目標は野心的すぎるという主張を却下した
  • アル・ハティーブ長官は、サウジアラビアの観光産業への有利な投資機会であり、とりわけ、他に先んじようとする人々にとっては尚更だと付け加えた

リヤド:『フランクリースピーキング』の最新の放映分の中で、サウジアラビアの観光遺跡庁のアフマド・アル・ハティーブ長官が、アラブニュースのフランク・ケイン氏に、世界でトップクラスの観光旅行地の1つになる、という王国の野心的な計画について語った。

アル・ハティーブ長官は、2030年までに1億人の訪問者を獲得するという王国の目標は野心的すぎるという主張を却下した。同長官はまた、2030年までに2,000憶ドルを注入する同国の取り組みに、投資家たちが加わり、本人が評するように、先行者が多大な利益を得る人跡未踏部門の観光資源構築を支援するようにも要請した。

「私たちは扉を開き、サウジアラビアを探索し、サウジアラビアを体験し、私たちの文化、自然、美しいままの紅海や東海岸、主要都市を体験するために訪れる世界の観光客に心を開いています。それゆえに、ご存じでしょうが、2019年に旅行をした14億人の観光客の中から、大きなシェアを獲得できると信じています」と、同長官は語った。

「私たちの目標は、確かに野心的です。しかし、私たちは目標を達成するために必要なあらゆるものを持っているのです」

観光客の間でのアルコール人気を考慮して、この地域でアルコールが許可されるかどうかを尋ねられて、アル・ハティーブ長官は、旅行者の40パーセントから50パーセントが、アルコールを提供していない観光地に行くということが、広範囲の調査で明らかになっていると語った。

同長官は次のように付け加えた。「私たちにはアルコール以外にも、提供すべきたくさんのものがあります。サービスにおいても、文化においても、食事においても、豪華さにおいても、向上できるものはたくさんあります。そして、それゆえに、私たちは観光客が来たいと思うアルコール以外の他のことで競うことになるでしょう」

「ご存じでしょうが、主として紅海の私たちの観光地は、2030年までに世界で最高の観光地の1つとなり、私たちがたとえアルコールを提供しなくとも、人々が間違いなくこうした観光地を体験するだろうと信じています」

女性の水着に関して、アル・ハティーブ長官は、プライベートビーチなら女性が自由に水着を着用して全く問題ないが、パブリックビーチは他の国々と同様にドレスコードを維持することになると語った。

アル・ハティーブ長官は、サウジアラビアの観光産業への有利な投資機会であり、とりわけ、他に先んじようとする人々にとっては尚更だと付け加えた。

「これは、人跡未踏の分野です。私たちはこの分野を解放したばかりであり、先行者の利益は多大なものとなるでしょう」

「私たちは小売においても、サービスにおいても、リクリエーションにおいても、提供すべきものとのギャップを埋めるために、2023年までに、約700億ドルを、2030年までに2,000億ドル以上を注入する必要があります。そういうわけで、私たちは世界と話を共有してきたのです」と、同局長は語った。

インタビューの間、アル・ハティーブ長官は、王国がいくつかの国際的な報道機関での批判やボイコットの要請にどう対応するつもりか、と尋ねられた。同長官はサウジビジョン2030の一環として起きている変化を見るために王国に来て、サウジアラビアを体験するように旅行者を誘うことで対応した。

「取るべき最善策は、こちらで人々がどのように暮らしているのかということを経験したり、サウジアラビアに暮らす900万人の外国人が、家族と共にサウジアラビアをどのように楽しんでいるのかということ見たりしに来てもらうことです」と、同長官は語った。

以下に注目:観光遺跡庁のマフムード・アブドゥルハディ投資誘致担当上級顧問と、同庁のサラ・アル・フセイニ国際協力担当ジェネラルディレクターが出演する『フランクリースピーキング・エクストラ』:

特に人気
オススメ

return to top