Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • エジプト人がエジプトと日本の関係を支援した功績により旭日章を受章

エジプト人がエジプトと日本の関係を支援した功績により旭日章を受章

ラガーブ氏は、エジプトの経済状況や政府の法律を説明し、エジプト市場に参入するために必要な手順や、直面する可能性のある投資上の障害を克服するための助言に努め、エジプトと日本の協力関係に大きく貢献。(在エジプト日本国大使館/Facebook)
ラガーブ氏は、エジプトの経済状況や政府の法律を説明し、エジプト市場に参入するために必要な手順や、直面する可能性のある投資上の障害を克服するための助言に努め、エジプトと日本の協力関係に大きく貢献。(在エジプト日本国大使館/Facebook)
ラガーブ氏は、エジプトの経済状況や政府の法律を説明し、エジプト市場に参入するために必要な手順や、直面する可能性のある投資上の障害を克服するための助言に努め、エジプトと日本の協力関係に大きく貢献。
ラガーブ氏は、エジプトの経済状況や政府の法律を説明し、エジプト市場に参入するために必要な手順や、直面する可能性のある投資上の障害を克服するための助言に努め、エジプトと日本の協力関係に大きく貢献。
ラガーブ氏は、エジプトの経済状況や政府の法律を説明し、エジプト市場に参入するために必要な手順や、直面する可能性のある投資上の障害を克服するための助言に努め、エジプトと日本の協力関係に大きく貢献。
ラガーブ氏は、エジプトの経済状況や政府の法律を説明し、エジプト市場に参入するために必要な手順や、直面する可能性のある投資上の障害を克服するための助言に努め、エジプトと日本の協力関係に大きく貢献。
ラガーブ氏は、エジプトの経済状況や政府の法律を説明し、エジプト市場に参入するために必要な手順や、直面する可能性のある投資上の障害を克服するための助言に努め、エジプトと日本の協力関係に大きく貢献。
ラガーブ氏は、エジプトの経済状況や政府の法律を説明し、エジプト市場に参入するために必要な手順や、直面する可能性のある投資上の障害を克服するための助言に努め、エジプトと日本の協力関係に大きく貢献。
ラガーブ氏は、エジプトの経済状況や政府の法律を説明し、エジプト市場に参入するために必要な手順や、直面する可能性のある投資上の障害を克服するための助言に努め、エジプトと日本の協力関係に大きく貢献。(在エジプト日本国大使館/Facebook)
ラガーブ氏は、エジプトの経済状況や政府の法律を説明し、エジプト市場に参入するために必要な手順や、直面する可能性のある投資上の障害を克服するための助言に努め、エジプトと日本の協力関係に大きく貢献。(在エジプト日本国大使館/Facebook)
Short Url:
23 Jul 2021 01:07:08 GMT9
23 Jul 2021 01:07:08 GMT9

モハメッド·アル・シャマア

先日、能化正樹駐エジプト日本大使は、アレキサンドリアの日本国名誉領事であるアブデル・ファッタフ・ラガーブ氏に、2004年以降の両国関係の発展に果たした役割と努力、および両国間の貿易交流の強化と投資の促進に貢献したことを評価し、旭日章を授与した。

これを記念して、アレクサンドリア市内で盛大なイベントが開催され、日本大使は、アレクサンドリア名誉領事が長年の勤務を通じて両国のために並々ならぬ努力をしたことで、二国間の友好関係の強化と経済関係の強化に貢献した著名な領事の一人として、その努力に感謝の意を表した。

ラガーブ氏は、この名誉を与えてくれた日本に感謝した。彼の任務の達成度を最大限にするため、社会的、商業的、経済的なレベルで二国間関係を強化し、相互の投資や機会から利益を得る橋渡しとしての協力範囲を広げることは、大きな役割を果たしてくれたエジプトと日本の双方の多数のリーダーたちがいなければ、不可能であっただろうと強調した。また、日本領事館との協力関係についても触れた。

「2004年に私が名誉領事に任命された時、日本人と付き合うことは成功をもたらすのだという強い動機があった… 近年の世界情勢の変化にもかかわらず、私はアレクサンドリアにおける日本人に代わり、日本やその人々、文化についてあまり知らない当地の人々に、日本人の本当の姿を伝えたいと思っていた」とラガーブ氏は語っている。

ラガーブ氏は数ヶ月前にこの知らせを受けたと明らかにしたが、新型コロナウイルス問題の影響で、対面して勲章を受け取ることができなかった。勲章授与の儀式の際には、大使から、日本の天皇は様々な分野で大きな貢献をした人に勲章を授与していることを伝えられ、ラガーブ氏は自分の国を代表することを誇りに思ったという。

ラガーブ氏は、エジプトの経済状況や政府の法律を説明し、エジプト市場に参入するために必要な手順や、直面する可能性のある投資上の障害を克服するための助言に努め、エジプトと日本の協力関係に大きく貢献した。

また、ラガーブ氏は、エジプト・日本大学の設立にも携わり、同大学のすべての設立会議に出席するとともに、高等教育大臣との調整にも参加し、プロジェクトが実現するまでのすべての段階を見届けた。

ラガーブ氏と日本の政府レベルでの協力関係は、2002年に日本がエジプトを代表するアレキサンドリアの名誉領事を必要としていると発表した時に始まった。2年間の調査と協議の結果、いくつもの会社を所有する実業家のラガーブ氏が、この役割を担うために選ばれた。

ヒルトン・キングス・ランチ・ホテルで行われた贈呈式には、在カイロ日本大使館と名誉領事館の代表者が出席。また、領事一行にはファラオの絵が描かれた記念盾が贈られた。

日本からは、フェイザ・アブル・ナガ大使(国家安全保障担当大統領顧問)、ナビル・ファーミー氏(元エジプト外務大臣)、ヒシャム・エル・ザミティ氏(元駐日エジプト大使)、モハメド・ラシュワン氏(エジプト人スポーツ選手)など、エジプトの著名人に旭日章が授与された。

来年、エジプトは、1922年に日本がエジプトの独立を承認したことにより、両国の近代的な関係の歴史が始まってから100周年を迎える。以来、両国の上級外交官の訪問をはじめとする友好関係が続いている。

エジプトと日本の関係は、公式的な国境や伝統的な協力関係を超えて、文化的、科学的、経済的な共同関係に発展している。

特に人気
オススメ

return to top