Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本人体操選手、練習中に脊椎を損傷する大怪我

日本人体操選手、練習中に脊椎を損傷する大怪我

2021年10月18日に福岡県北九州市立総合体育館で行われた体操競技世界選手権女子団体戦予選の平均台種目で演技する日本の畠田瞳選手。(AFP)
2021年10月18日に福岡県北九州市立総合体育館で行われた体操競技世界選手権女子団体戦予選の平均台種目で演技する日本の畠田瞳選手。(AFP)
Short Url:
21 Oct 2021 04:10:18 GMT9
21 Oct 2021 04:10:18 GMT9

北九州:体操の畠田瞳選手が水曜日の練習中に段違い平行棒から落下し、脊椎を 損傷する大怪我を負った、と日本体操協会が発表した。

東京オリンピックにも参加していた畠田選手は病院に搬送され、中心性脊髄損傷・頚椎打撲と診断された。

北九州で木曜日に行われる世界体操大会の予選を4位で通過していた21歳の新鋭は決勝を棄権することを余儀なくされた。

畠田選手のコーチは母の友紀子さんが務めている。同選手の父好章さんは1992年オリンピックの団体戦で日本の銅メダル獲得に貢献した元体操選手だ。

畠田選手の妹の千愛さんもまた体操選手である。

AFP

topics
特に人気
オススメ

return to top